日記

若さってなんだろう?30歳の私が思うこと

Twitterでこんなツイートを目にしました。

 

あなたも、一度はこう言われたことないですか?

  • 「まだ若いから」
  • 「若さっていいね」
  • 「若いうちだよ」

などと、年上や年配の方から言われたこと。

 

たしかに若いうちはやる気に満ち溢れ、新しいことをする時も体力があり良いかもしれません。

ですが、このフレーズ

 

「ネガティブにとらえれば、それは【停滞】」

 

ふむ。

確かにそうだ。

 

若さって

  • エネルギー溢れる
  • 体力がある
  • なんでもできる

って個人的には思ってたけど、捉え方を変えると

 

何も成長していない

 

と思われることもあるかもしれない。

今回は、そんな「若さとは」についてのお話です。

10代の頃

私が10代の頃は、世界の中心は全部自分って思ってました。

 

自分を中心に世界が回ってる

周りはどーでもよくて、全部自分中心。

この考えは、30代になった今でも持っていますがタチが悪いのが

 

責任を持てないくせに自分中心

 

というやつです。

まぁ20代になってその考えは無くなるんですけどね。

20代の頃

社会人になりました。

といっても、なんだかんだで大学行ってたので初めて社会人になったのは23歳あたりの頃。

ここで一つ思ったのは

 

もたろう
もたろう
世の中には本当にいろんな人がいるんだなー

 

ということ。

 

良い人もいれば

悪い人もいるし

変な人もいれば

謎の人もいる

 

今までの学校生活の輪から抜け出して

いろんな価値観がある人たちと知り合うことができました。

その経験は良かったと思います。

話がズレてきた

話がズレてきました。

というのも、先ほど見たこのツイート

の元って、これなんですよ。

テーマは

【婚活】

です。

 

年齢よりも若く見えるって良いことなのでしょうか?

これが話したかったんですが、脱線しました。

だって僕

 

年齢よりも若く見られたこと1回もないもん。

 

あ、1回くらいはあったかもしれない。

けど、

 

小学6年生の時に地下鉄乗ったら

「キミ?大人でしょ?」

と駅員に言われる。

 

10代の頃はすでに社会人としてみなされる。

 

20代で顔だけ管理職と言われる。

 

20代後半〜30代は「中間管理職大変ですね」って言われる。

 

落ち着いてるね

年上に見える

え?わっかーーい!(実年齢公開後)

 

なんて、何百回言われたか。

年についてはもう、どうでもいいって思ってます。

 

婚活の場合、相手を判断する一つとして「年齢」は若い方がいいかもしれません。

肌ツヤもいいし、体力があるし、今後子供が欲しい等色々な面でプラスでしょう。

でも、

 

人生において「年齢」ってあくまで飾りじゃないですか?

 

体力ないからとか

若くないからとか

もう後先短いからとか

 

結局、自分に言い訳してないですか?

 

少なからず私の今までの人生で、そういった大人たちを多く目にしてきました。

その人たちは、自分の人生に対してなんとなく生きてて目も死んでます。

 

はっきり言っちゃえば

「すごくつまんなそう」

でした。

 

それと真逆なのが、最近Twitterで関わった人たち

 

あれやりたい

これやりたい

前向きに考える

 

などのポジティブシンキングの考えが多いです。
(かといって毎日そうだと疲れちゃうかもしれませんが)

 

つまり私が言いたいのは

 

若さってただの飾り

意識があればなんでもできる

「できない」のは自分ができないと思ってるから

どうしたらできるかを考え、行動したら「できる」

 

これを自分自身に言い聞かせて、今日も自分の「人生」を謳歌したいと思います。

なんか決意表明みたくなっちゃったw

 

アリス
アリス
へぇ!あんたも良いこと言うじゃない!

 

アリス
アリス
じゃあ、もっとあたしが有名になるためにはどうしたらいいか、行動してよ!

 

アリス
アリス
ほら!!!早く!!!!

 

もたろう
もたろう
あの・・・えっと・・・・ごめんなさいでした。

 

おあとがよろしいようで。
(よろしくない)