ツイッター

Twitterを3日間辞めてみて思った事や感じた事

そもそもTwitterをやめようと思った理由は

  1. スマホ開いてTwitterばっかりやってるから
  2. 本当に時間の無駄なのか知りたいから
  3. Twitter内の人間関係に疲れたから
  4. 1人になりたいから

この4点が主な理由です。

 

最近は本当にTwitterばっかりやってましたからね。

酷い時だと、ご飯食べてる最中もTwitterが気になってスマホを開いてしまうという。

 

これではいけないと思い、Twitterから離れて見ることにしました。

では、実際3日間離れてみてどう思ったのか。

Twitterを辞めて1時間後

Twitterで探さないでくださいってつぶやいておきながら、ブログ書き終わった後にTwitterで呟いてしまいました。

早速ですよもう笑

全く意味なし。

やめるって言った1時間後にTwitterやってるという、この意志の弱さ。

 

ということでTwitterアプリを消しました。

 

あと、自分ルールを3つ追加しました。

  1. ブログを書いたらTwitterに公開しない
  2. 書いた記事は3日後にまとめてTwitterに公開する
  3. 普段Twitterでつぶやく内容を出来るだけブログに残す

こうすれば、ブログも量産できるし良いことばっかりな気がします。

 

って言ってもまだ辞めて1時間ですからね笑

Twitterを辞めて12時間後

一晩寝て朝になりました。

スマホをとります。

「あ、そういえば、Twitterアプリ消したんだ」

 

 

朝の日課でTwitterに依存してた自分を知ります。

「誰か心配してDMとかくれてるかもしれない」

 

メールを開きますが、誰からもそんなのは来ておりません。

だって私友達少ないですから笑

 

Twitterでつぶやくことも出来ないので、今朝見た夢の内容をメモ帳に記載します。

あとちょこっとスマホで漫画を読みます。

 

でも頭の中はTwitterの事を思い出します。

 

そこで悟ります

 

 

「これは完全にTwitterに依存してるな」

 

 

と。

 

 

日中も、ふとしたときに

「Twitter」

という文字が浮かんでスマホを開いてしまいます。

 

 

まるで麻薬でしょうか。

いや、タバコ?

依存性がありますね。

 

あと、Twitterを辞めてみて時間に余裕が生まれた気がします。

今まで暇さえあればTwitter開いていたのが無くなったので

その分他のことをするようになります。

 

 

漫画読んだり

子供と遊んだり

スマホのゲームや

ブログのネタだって

 

別にTwitterに時間を使う事が悪いわけではないですが、暇さえあればTwitterを開いてたんだなぁと改めて実感しました。

Twitterを辞めて2日後

この日は仕事です。

 

朝通勤時にTwitter開いてたのが無くなったため、手持ち無沙汰感があります。

スマホで音楽を流しながら、メモ帳テキストアプリを開いて、なんとなく文書をつらつらつらと書いていました。

 

まぁ私がいなくなったからといってTwitterがどうなるわけでも無いですし、心配とかはさておき誰からもDM来てないので良し。

べ・・・べつに構って欲しいわけじゃないんだからね////

 

さてさて、今まで昼休みは何気なくTwitter開いていましたが、その分ブログを書くことに時間を使います。

 

たまにLINEきたりメール来たり漫画読んだりしてます。

 

やっぱりTwitterとブログって似てるのかな?

文字数の違い?

 

Twitterは140文字以内で手軽ですが、ブログとなると文章を結構書くので。

唯一はその違いなんでしょうか。

 

まぁブログでも140文字とか短文で投稿してもいいとは思うんですが、書きたい事が湧き出てくるんですよね。

 

ですが、指は無意識にTwitterアプリを探しているようです。

 

まだまだTwitter中毒は抜けませんね。

まるでニコチン中毒です。

 

ニコチンは体内に入れると「コチニン」になります。

トリビアです。

 

「タバコ吸いてぇ」

って思うように

「Twitterでつぶやきてぇ」

って思うのでしょうか。

 

 

でも、まだ2日目です。

まだまだこれから!!

Twitterを辞めて3日目

頭の中で「Twitter」というキーワードが薄れてきました。

朝起きてもTwitterを開こうとする動作をしません。

 

やっぱり人間って習慣の生き物ですかね?

 

通勤中もTwitterというキーワードは意識しませんでしたし、仕事中や昼休みもTwitterのことは忘れてました。

 

そして帰宅後、Twitterを再開しました。

 

本当は1週間やめてみようと思ったんですけどね。

Twitterを辞めてみた感想

感想を箇条書きにすると

  • 他の事に時間を使うようになった
  • でも、息抜きにTwitterは良いかもしれないと思った
  • Twitterのやりすぎは良くないと思った

こんな感じでしょうか。

 

ちなみに、当初は1週間辞める予定だったんですが、仕事が激務で疲れて誰かと喋りたくなったので急遽3日間にしました。

 

今度は1週間辞めてみたいと思ってます。

別にTwitterが悪いとかそういうことではないですが、何事もやりすぎは良くないということでしょうか。

 

ほどほどがいいんでしょうかね。私にとっては。

 

あ、余談ですが、私の場合3日間Twitterを辞めたら

 

フォロワーが3人減りました。

 

そしてつぶやきを開始したら

 

フォロワーが1人減りました。

 

これどういうこと??笑

まぁ名前も思い足せないフォロワーさんだったのでいいんですけど笑

 

あ、あと一人になる時間が増えたので人間関係の鬱陶しさとかは無くなりました。

それとブログに時間を使えるようになったのは正直デカいですね。

 

これからもTwitterを使用する頻度が増えてきたら、治療の意味も込めて辞めてみるのは良いかもしれません。

 

ブログだけじゃなく、普段やりたい事があるけど

「時間が無くて出来ないんだよなぁ」

と思っている方。

 

人の時間は有限です。

 

何かを少し辞めてみて、他の事に時間を使ってみるのも選択肢の1つとして良いのではないでしょうか?