投資

投資レベル0.001くらいになったと思う【2日目:投資の方向性決まった】

 

さて、第2回目になりました。
(今回は敬語でしゃべります。)

というのも、前回の記事を見直したら

もたろう
もたろう
なんか、偉そうじゃね?

と思ったので、敬語で・・・。

 

さてさて、

  1. いつまでにいくらにしたいのか
  2. 投資で使えるお金はいくらにするか
  3. どの方法を使うか

これを決めておくということでしたね。

 

ええ決めましたよ!!

これっ!!

  1. いつまでにいくらにしたいのか:増えれば増える分だけ
  2. 投資で使えるお金はいくらにするか:年間40万円まで
  3. どの方法を使うか:投資信託

でっす!!!!

順を追って話します。

いつまでにいくらにしたいのか:増えれば増える分だけ

これは正直増えれば増えた分だけ良いかなって。

だってどのくらい増えるかを予想立てるのって

あんまり意味なくない?

 

何歳までにいくら欲しいのかっていう予想は良いと思うんだけど

私の場合、お金って

お金あればあるだけいいんですけど

っていう今の状態なので、とりあえずここはスルーします。
(そのうち投資に慣れてきたら、どのくらい運用していくらみたいな計算はしようと思います。)

投資で使えるお金はいくらにするか:年間40万円まで

これはつみたてNISAに関係してきます。

つみたてNISAとは:年間40万円まで積み立て投資が可能で
通常なら配当金や利益が出た場合に、20.315%の税金を支払わなければならないが、このつみたてNISAの場合は非課税になる。

つまり利益が出た場合に税金がかからない。

簡単にまとめると

年間40万円まで投資して、利益出ても税金がかからないよ~

 

っていう仕組みです。

これを活用するために、年間40万円までにしようと思います。
(慣れてきたら増額するかもしれません、その際は「つみたてNISA」ではなく、年間120万円まで投資可能の「一般NISA」にしようと思います。)

どの方法を使うか:投資信託

投資信託って、名前からしてイメージ悪いと思っているのは私だけですか?笑

前までそう思ってたんですが、実際の投資信託は

  • お金のプロが運用してくれる
  • 素人の私にとっては良いかも
  • いろんな株をちょこっとずつ買うイメージ

こんな感じらしいです。

 

ですが、投資信託にもいろいろと種類があるらしくて

私の場合、こんな方向性に決めました。

  • 毎月分配型の投資信託は買わない
  • 運用管理費の安いのを選ぶ
  • 国内株式のインデックスファンドに20万円分買う
  • 海外株式のインデックスファンドに10万円分買う
  • 新興国株式のインデックスファンドに10万円分買う

こんな感じです。

実は、とある本の受け売りです

ここまで細かく調べたのか?

というわけではなく、とある本の受け売りです。

その本はコチラ

投資初心者の私にも読みやすかったです。

投資の入門編って感じで、分かりやすかったですし。

 

他にも投資の本をいくつか読んでみようとは思いますが

何事もやってみないことには始まりません。

 

ということで次回は

実際に投資します!

(40万円というお金を一気に動かすので、少し緊張しますね。)