日記

今から処女とエッチしようとしてる男性のたった1つの心構え

少しだけエロい話をしようと思う。

最近こんな体験をした。

記事を読んで欲しいが、タイトルで既に懸念がある方向けに内容をまとめると

  • 前立腺マッサージに行った
  • 男の潮吹きしようとした

という内容だ。

 

この記事で注目していただきたいのは

「初めて前立腺マッサージに行った」

というところである。

 

前立腺とは男性にしかない機能であり、女性には存在しない。

その前立腺マッサージを受けるためには、どうしても必要な行動

「肛門に指を入れられる」

という行為が発生する。

 

これはイギリスの物理学者「アイザック・ニュートン」が万有引力の法則を発見したときに

「木からリンゴが落ちる」

という現象を見て発見したことと同じように

「ケツから指が入る」

と同じことである。

 

つまり自然の摂理に基づいた行為の為、なんら問題はない。

生涯経験する男性は少ないかもしれないが、私は経験したことに優越感を覚えている。

 

だが周りの人に

「前立腺マッサージ行ったんですよ」

と言いふらしたところで、コイツはただのど変態だとレッテルを貼られ干されてしまうかもしれない。

 

よって本ブログのみで公開することにした。

さて、本題だが

この「初めてケツから指を入れられる行為」は、まさしく女性に例えると

「処女のマ◯コに指を入れられる」

のと一緒ではないだろうか?

女性の気持ちになったら恐怖以外の何物でもない

私の経験だが、初めてお尻に指を入れられる前の気持ちは

  • 怖い
  • ただ怖い
  • 年末の恒例番組「ガキの使いやあらへんで」の「絶対笑ってはいけないシリーズ」で定番化されている蝶野が月亭方正をビンタする時の、月亭方正の気持ちより怖い。

そのくらい怖かった。

だが、事前に背中をマッサージしてもらったり

パウダーをかけてサワサワとなんともいやらしいマッサージをしてもらったりしているうちに

私の緊張は少しずつほぐれていった。

 

まるで朝起きて「朝ご飯何食べようかなー?」と冷蔵庫を開けると、賞味期限ギリギリの納豆を見つけてチャカチャカと箸で回しているうちに美味しくなっていく過程である。

つまり、前立腺マッサージと納豆をかき混ぜる行為は一緒である。

 

これは、今までセッ◯スをした事がない女性と一緒ではないだろうか?

ましてや、ケツには処女膜というものがない。

だが、女性のマ◯コには幕がある。

 

学生時代の都市伝説で聞いたことあるのだが、人類を超越した女性の場合、処女膜が破られたとしても痛くないそうだ。

だが、私が知る限り処女膜を破られて痛くなかったと言った人は1人しか知らない。

当時高校生の時好きだった子だ。

 

今ナにしてるんだろう。

 

と、昔の思い出に浸るのは置いといて。

女性で処女の場合、気持ちいいよりも先に「痛い」が先行してしまうのではないだろうか?

男性は痛くない

逆に男性の場合は、痛くない。

もちろん、女性側が十分に濡れていない場合は皮膚が擦れて痛い場合もある。

か、男性側はフランクフルトもといポークビッツを穴に入れるだけなので、痛さなど感じないだろう。

 

もし男性が痛いと感じたなら、病院に行くことをオススメする。

これから女の子とエッチなことしようとする人へ

男性にとって、気になる子とこれからエッチなことになる場合

「はぁー!!やりたいやりたいヤりたい」

と、頭の中がまるで寄生獣に侵食されたかの如く、4文字がグルグルと回るだろう。

 

「ヤりたい」

と。

 

それはしょうがない。

 

本来の動物的本能で例えるなら、男性の役割としては子孫を残すことも一つの目的である。

この本能に従って、女性と性行為をしたいという欲求は絶対的に必要である。

だが、女性の立場で考えてみるとどうだろう?

  • 穴に入れられる恐怖
  • 痛いという恐怖
  • 男の人に力じゃ叶わないという恐怖

 

その様々な恐怖を天秤にかけて

「この人なら抱かれてもいい」

と思って身体を委ねるのである。

 

そんな中、男性側が

  • マ◯コをガシガシとチンパンジーがアリを食べるかの如く指で穴をいじくりまわす
  • なんの前触れもなく自分のエルサをアナに入れ、雪の女王にさせる
  • 女性が痛いと言ってるのに「すぐ終わるから」と自分だけイきそうになる

こんな行為をしてたんじゃ、初めての女性はイヤでイヤで今後エッチ自体もしたくなくなるのではないだろうか。

そうしてどんどんエッチに消極的な女性が増え、超少子高齢化になり、しまいには日本人という人種が絶滅危惧種に認定される日も遠くない。

 

そりゃあ初体験をしようとしてる女性に対して、女性の気持ちを汲み取らずに自分の欲求のまま行動してたらそうなるだろう。

男性側は、自分が初めてだろうが何人もの女性と関係を持ったとかそんなのはどーでもよく女性の立場で考えてみてほしい。

特に初めての女性の場合、それがトラウマになってしまうかもしれないからだ。

 

もし、処女の女性に何をしたらいいかわからないという男性諸君。

 

とりあえず女性の話を聞いたり、マッサージしたり「おもてなし」の行為をしてみてはどうだろうか?

その結果、雰囲気が盛り上がるかもしれない。

この事を頭の片隅に置いて、今日のデートを楽しんでほしい。

もし気が向いたらコメント欄に、結果報告をして頂けると筆者として歓喜この上ない。

 

上手くいかなかったらすまんこ。

 

あと、こいつを買っておくことをおすすめする。