日記

「専業主婦は大変、仕事してる夫の方が楽!」って言う奴寝ぼけてんじゃねえよ

専業主婦が大変なのは、なんとなく分かります。

 

私自身、専業はした事はないですが

  • 朝、夫を起こす
  • 家事炊事する
  • 買い物等の雑務をする
  • 夕ご飯作る

などなど。

 

それに子育てがプラスされたら、確かに大変かもしれません。

自分の時間が全く取れず、寝る時間さえもなくなるかもしれません。

 

でもね、だからといって

仕事してる夫の方が楽

ってなるのは、正直どうかと思います。

外で働く夫だって大変だよ

他の家庭がどうかは知りませんが、一時の私の生活は

  • 朝4時起床
  • 朝ごはんと自分の弁当を作り、お風呂掃除などの家事
  • 朝ご飯を先に食べる
  • 嫁と子起床し、洗濯を回す
  • 洗い物をして出勤
  • 帰宅後、子をお風呂に入れる
  • 夕ご飯を食べ食器を洗い、就寝

こんな感じです。

 

そんな強くは言いたくないんですけど

夫だって仕事と家事両立は難しいって。

 

仕事だけでもヘトヘトで帰ってきて、そこから家事手伝いって本当に大変だって。

共働きとかならお互い助け合いだけど

 

あんた専業主婦でしょ?

サラリーマンなめんなって。

 

別に全く家事育児しないとかじゃないじゃん。

確かに比率的には1割にも満たない家事や育児をしているのかもしれないけどさ。

 

じゃあ明日から私が専業主夫になるから、代わりに外で働いてきてよ

 

ってつくづく思います。

綺麗事だけじゃ世の中生きていけないし、一定のお金がないと生きられないから。

ぶっちゃけ専業主婦がいなくても困らない

私の場合ですが。

「専業主婦」がいなくても困りません。

 

だって家事も一通りできるし。

基本的に自分のことは自分でやってると思うし。

 

なので巷でよく言われる

「専業主婦は夫を支えているし、名もなき家事に時給を支払われるべき」

とかいう発言を見ると

 

「いや、じゃあ代わりに私が専業主夫になるんで外で働いてきてください」

って思っちゃいます。

 

子育てにとってはいつも感謝してますよ。

 

ここで言いたいのは

「専業主婦」

ね。

専業主婦と子育てはまた違うから。

そもそもの論点が違う

専業主婦はもっと偉い!

専業主婦にも時給が支払われるべきだ!

専業主婦をもっと尊重しろ!

 

とか言う人って、おそらく夫婦仲悪いと思うんですよ。

長年専業主婦で仕事から離れてるし、パートや働く時間もないけど自分で稼ぎたいとか思ってて。

 

自分自身のチカラで稼ぎたいって思うのは

夫との仲が良くないから

なんじゃないかなって。

 

それは、専業主婦にお金が払われるべきとかじゃなくて

自分で稼いで、夫から自立したいから

でしょ?

 

ということはね、そもそも

「専業主婦に対してお金を支払われるべきだ!」

「サラリーマンより専業主婦の方がえらい!」

って言うよりも

 

夫婦仲を改善すべき

 

だと、私は思います。

夫婦関係を円滑にするには

私の持論ですが、夫婦関係を円滑にする為に普段心がけていることを箇条書きにしました。

  • 相手がしてくれたことは当たり前のことではない
  • 自分の役割を全うしているか考える
  • 今は家族だが、結婚する前は赤の他人
  • 言葉に発しないと相手には伝わらない

では、順を追って見ていきます。

相手がしてくれたことは当たり前のことではない

家族だからといって、何でもしてくれることが当たり前ではありません。

家事、炊事、洗濯、買い物など。

 

「当たり前」のように専業主婦がやってくれる事に対して、働いている夫の立場としては

「いつもありがとう」

なんて声をかけるのがベストでしょう。

 

その一言があるのと無いのとでは、日ごろの専業主婦が抱えるストレスの蓄積が違います。

 

 

でもね、これって

働いている方にも言えない?

 

毎日赤の他人が集まるところで、頭使ったり身体使ったりして試行錯誤して

時には理不尽に怒られたり、時には部下のしりぬぐいをしたり、非効率的に残業したり

汗水たらして疲弊してお金を貰って、それを自分の為だけじゃなく「家族」を食べさせる為に使う。

 

働いてる方も、頑張ってない?

つまり両方に言えますが

 

外で働いてくる夫=当たり前ではない

家で家事をしてくれる妻=当たり前ではない

 

この当たり前って思っていることを一つ一つ見直したら、お互い良い関係が築けるのかもしれません。

自分の役割を全うしているか考える

お金は一限りがありますし、私はサラリーマン生活で決して高給取りでもありません。

ましてや、一般的なサラリーマンの年収も行くかどうか・・・(トホホ)

 

それで外で働いてきて、偉そうに

「俺が稼いでるから、お前らが生活していけるんだ」

なんてことも言えないのは事実です。

 

逆を言えば

自分は専業主婦という仕事をしっかり出来ているか

と、自問自答してみるのも良いかもしれません。

今は家族だが、結婚する前は赤の他人

育った環境が違う人間が、ある日突然一緒に暮らすんです。

 

出会う前は赤の他人ですよ。

結婚式で「夫婦二人三脚で」とか綺麗ごと言ってますけど

 

よくよく元をたどれば、ただの他人同士

ですから。

分かり合えないですし、血も実際にはつながってません。

 

法律上は婚姻届けを出して「夫婦」となっていますが

そもそも男女という異性なので、ますますわかり合えない部分が多いと思います。

 

これはしょうがないんじゃないかなぁ。

言葉に発しないと相手には伝わらない

その分からない点を踏まえてですが、人間には相手に伝える手段があります。

それは

 

言葉

 

です。

「あれ」とか「それ」とか言われても

 

どれ!?

 

ってなるでしょ。

何事も言葉に発しないと分からないです。

 

それが例えば

「仕事から疲れて帰ってくるのはわかるけど、夕飯食べ終わった食器を洗って欲しい」

っていう要望なのか

 

日頃の感謝を込めて

「いつもお仕事お疲れ様、ありがとう」

っていう気持ちなのか

 

あなたが思っている事を、言葉に発しないと相手にはほぼ伝わりません。

男の場合はなおさら「鈍感」ですから。

男って生き物は単純

なんだかんだで、男って生き物は本当に単純です。

だいたいの男は

  1. 褒めれば調子に乗るor照れ隠しで怒る
  2. 子煩悩で要領が悪い
  3. 自分のプライドを傷つけられるのを嫌う
  4. 基本自己中心的
  5. エロで釣られる

だと思います。

全ての項目が当てはまるわけではないですが、基本的に思考が「幼い」部分が多いんですよね。

それが良いのか悪いのかはさておき、あなたが専業主婦で今悩みを抱えているなら

 

夫の幼い「思考」を手玉に取って操る

 

ことも可能ではないでしょうか?

大人になっても男は男

男っていう生き物は、大人になっても行動は特に変わりません。

バカなことをよくやるし

趣味嗜好も、女性から見たら「は?なにこれ?」と思うものばかりだと思います。

 

非効率で非生産的で、更には全く意味のない事に興奮する事もしばしば。

それでいて自己中心的でプライドがあるため、注意や怒られると反発します。

 

まるで大きな子供です。

夫なのに、気づいたら「大きな子供・・・?」と思ってしまう日も少なくないのではないでしょうか。

 

そんな大きな子供の舵を握るには

  • やったことはホメる
  • やらない時は優しく言って「私が悲しい」と伝える

これで良心のある男なら、大半は操縦できると思います。

 

男は褒められて嬉しくない人はいませんし

例えば、食器を洗ってくれない事にたいして

「どうして洗ってくれないの??」

と怒る口調で言うよりも

「食器を洗ってくれなくて・・・私悲しかった。でもお仕事で疲れてたんだもんね」

など、自分が悲しいことプラス相手も少し気遣う発言をしたら、次からは行動しようと思うかもしれません。

 

それがまた男の難しいことで、一度言われた事を素直に出来る人は多くありません。

何回も言われないと分からないですし、まず危機感が無いのです。

 

男によっても変わりますし、言い方を変えて「大きな子供」の人間観察でもしている気分で分析してみましょ。

その経験が、あなたの人間スキルを成長させてくれるはずです。

それでもダメなら

ある程度試行錯誤して、それでも改善が見られない場合は「離婚」もアリだと思います。

世間を見渡せば、バツ1バツ2なんてそこらへんにいますし。

 

あなたの考えと分かり合えない人は、一定数いるのも事実です。

 

その人とイヤイヤ歩んでいく人生よりも、すっぱり分かれて新たな人生を歩んだ方が有意義だと思います。