就活、転職、仕事、自己啓発

令和になる前に平成を振り返って

あと数十日で元号が変わりますねー。

 

 

令和でしたっけ?

 

れいわ?

 

 

まだ言うのに慣れませんね。

 

 

ちなみに私は平成元年生まれなんですが

元号が変わる瞬間に生きているのは初めてです。

 

 

 

とか言いつつもぶっちゃけ元号あんまり好きじゃありません。

 

 

 

「今って平成何年?」

 

 

って聞かれても

 

 

「え、う、うーーーん。平成??25年くらい?」

 

 

って答えちゃいます。

実際は30年?31年?32年?

 

 

そこらへんだった気がします。

※あんまりにも興味がないので調べようとすらしない

 

 

そのくらいの元号レベルです。

 

 

 

平成から消費税が始まったんでしたっけ?

確かそうですね。

 

 

平成元年から始まりました。

最初は3パーセントでしたね。

 

今は8パーセント?

 

 

そのうち10パーセント。

 

どんどん上がりますねー。

20パーセントとか30パーセントとか?

 

 

それで暮らしが豊かになるなら全然いいんですよ。

 

例えば

 

 

日本人の主食である米がタダ

医療費タダ

老後の生活補償

 

 

とかね。

 

 

でも、今の日本じゃそれは望めそうにないですね。

 

 

 

っと暗い話になりましたが。

 

平成で流行ったものと言えば?

 

たまごっちとか?

デジモン?

ポケモン?

 

ダンディ坂野とかいましたね。

ムーディー勝山とか

 

 

 

今思いつくのはそれくらいです。

 

 

「平成はどんな時代でしたか?」

 

って聞かれたところで

 

 

 

「え、平成ですか?うーん。。。特に。」

 

ってなっちゃうんですよね。

 

何が言いたいかっていうと

私ってあんまり過去に興味ない人なんですよ。

 

 

 

だって過去のこと思って

 

「あの時もっと勉強してればよかった」

「もっと真面目に進路を考えればよかった」

「ちゃんと就活してればよかった」

 

とか、いろんな後悔があると思います。

 

私もぶっちゃけ、後悔してることはあります。

 

ただ今この文章を書いている時に思いつかないだけで

後悔は少なからずあると思います。

 

 

でも、思ったところで現状変わらないんですよね。

ただ気持ちが

 

 

ズーーーーーーン

 

 

ってなるだけで。

 

だったら

 

「このあとどうしようか?」

「もっと楽しいことはないかな?」

「自分にできることはないかな?」

「やりたいことってなんだろう?」

 

 

とか、この際を見据えた考えのほうが楽しいと思うんですよ。

 

それになんだかワクワクすると思うんですよね。

 

 

いつ死ぬかわからないですし。

 

 

死ぬまでは自分のやりたいことやりたいじゃないですか。

 

 

そりゃあ確かに

 

 

生活のために仕事しなきゃいけない

家族のために働かなきゃ

やりたくないけどやらなきゃ

 

 

とか色んなしがらみはありますよ。

 

私も

 

朝お弁当作らなきゃ

朝ごはん準備しなきゃ

子供のお風呂入れなきゃ

会社行かなきゃ

オムツ変えなきゃ

休みの日にスーパー行かなきゃ

灯油買わなきゃ

お金足んないから稼がなきゃ

子供の養育費どうしようかな

親の介護とかどうしよう

仮に嫁亡くなったらどうしよう

 

 

とか色んなこと考えます。

 

 

 

学生で一人暮らししてた時は

 

自分は1人で生きていけるわグッシッシ

 

 

ってたかをくくってました。

 

確かに今、サラリーマンとして1人で生きていけます。

家事もそれとなくは出来ますし。

 

 

でも子供は?

嫁は?

 

 

ってなると、もう自分だけの人生じゃなくなってくるんですよね。

 

 

それが家庭を持つことなんでしょうかね。

 

他の人間の人生を背負ってる

 

って言ったら大それたことになってしまいプレッシャーかもしれませんが

 

すくなくとも私は心のどこかではそう思いますよ。

 

普段表に絶対に出さないけど。

 

 

だから今この場で文章として書いているわけで。

 

 

これから元号が変わるから何かある?ってわけじゃないですけど

 

 

私の子

 

そのまた子

 

 

そのまた子

 

って子孫が増えていくとして

 

 

なんか、ありきたりな表現ですが

 

今この場にいる私の存在って

何千何億分の一の確率なんですかね。

 

 

 

そう考えてみるとなんかすげーなって思いました。

 

令和になるからじゃなく、この文章を書き終わった瞬間から、改めて自分の人生を見つめ直してみようかな。