パチンコスロット

【パチンコ店員物語】ゴト師襲来で万枚いかれた話

元パチンコ店員ブロガー、もたろうです。

 

突然ですが

【ゴト師】

という言葉を知ってますか?

ゴト師とは:パチンコやスロットで、道具を使うなどして、不正に出玉やコインを獲得すること

つまりパチンコ店から言わせてもらえば

「超迷惑行為、言っちゃえば死んでほしいレベル」

の集団です。

 

だって考えても見てくださいよ。

1円もお金使わないでパチンコ玉とかスロットメダルを出されるわけですよ。

それをお金に換えられるわけですから、お店としては完全に赤字です。

 

お客様でもなんでもなく、ただの害虫ですね!

日頃から営業前のミーティングなどで

アリス
アリス
ゴト師には注意しましょう!巡回を強化しましょう!

みたいなことを言うくらい、ゴト師は最悪なクソ連中です。

 

そもそもゴト師は単独で実行するケースはほとんどありません。

数人のグループで、それぞれ役割を決めて実行するんですよね。

 

例えばですけど

壁役:ゴト行為を見せないよう、不自然にならないように壁になる役

実行者:ゴト行為を実行する役

キャッチ役:スタッフの気をそらすため、話しかけたりする役

と、こんな感じで役割分担をしている場合が多いです。

 

1人でゴト行為をするのは、最近ではいないんじゃないでしょうか。

昔はあったみたいですけどね(´・ω・`)

 

で、ゴト行為の種類にも色々あります。

磁石をパチンコ台に当ててパチンコ玉をV入賞に入れたり

クレマン(クレジット満タン)にしてメダルを排出させたり

パチンコ玉やスロットメダルを持ち込んで遊技したり

色んなゴトがあります。

 

そんなゴト師ですが、私が勤めていた頃実際にゴト行為をやられたことがあります。

今回はその時のお話です。

 

当時は私が勤めてだいたい1年が経過したくらいです。

まだまだ青くさい若造でした。

 

その日はバイトの子達と一緒にホールで仕事をしてました。

なんてことない1日だったと思います。

そして仕事が終わり翌日・・・。

 

アリス
アリス
ねぇ、聞いた??
もたろう
もたろう
え?何が?

 

同僚が話してきました。

 

アリス
アリス
ウチの店、ゴトされたらしいよ
もたろう
もたろう
っええええええええええ!?!?!

 

衝撃的でした。

まさか自分が勤めているお店でゴト行為がされるとは・・・。

 

手口としては

  1. 壁役が監視カメラの位置を確認し、壁になっている
  2. キャッチ役がスタッフに話しかけている
  3. 実行犯がゴト器具を設置している

ということが、後日の監視カメラで分かりました。

このゴト器具は設置すると、無限に大当たりが続くようになる仕組みです。

世の中にはこういうゴト器具を作る人もいるんですよね。

 

滅びてしまえばいいのに(´・ω・`)

 

ってなわけで、だいたい万枚を交換され現金化されました。

金額でいうと20万円以上ゴト行為でマイナスになりました。

 

もうちょっと監視カメラを気にしていれば防げたかもしれないのに・・・。

と、当時の私は切なくあり悔しくもある感情でした。

 

まぁ自分が責任者じゃなかったので良かったんですけどね笑

 

ちなみに、ゴトされたお店はゴト師側で

「このパチンコ店はゴトできる店」

と情報が流れるらしいので、またゴトされる確率が上がります。

 

その為、この一件からより巡回が厳しくなりました。

 

年齢確認だったり

本当に遊技してた台から出たパチンコ玉orスロットメダルなのか確認したり

変な動作や挙動をしてないか監視カメラでチェックしたり

 

まぁ、本来だったらそれが仕事なので今までサボってたつけが回ってきたと思えばいいのでしょうかね。

パチンコやスロットを遊技される方。

 

ゴト行為は絶対に止めましょう。

スロットメダルが1枚2枚余ったからといって、他のお店でそのメダルを使って遊技してもダメです。

見つかった瞬間持ち込みメダルと認識され、お店側にマークされますのでお気を付けください