社会人編

【パチンコ店員物語】会員カードをぐにゃんってされた話

元パチンコ店ブロガー、もたろうです。

 

今回は過去に働いていたパチンコ店でのお話です。

 

当時も忙しく働いていました。

 

多少の休憩時間はあるものの、基本的にはお客さんの対応だったり

 

アリス
アリス
すいませ~ん、両替の対応お願いします

とか

 

アリス
アリス
このエラー直らないんですけど、どうしたらいいですか~?

とか。

 

そういうのも、基本的に全部こっちに来ます。

だって、一応責任があるので(エッヘン)

出典:https://xn--t8jwax1tn42w.blog.so-net.ne.jp/2015-11-17

 

もちろん、そういう対応だけでなく

常連様と会話したり楽しい接客もあります。
(ただ基本的に負けてるお客さんばっかりなんですけどね)

 

こちらも商売なので、いかに不快なく負けさせるかがカギです。

 

慈善事業ではないので

  • たまにはお客さんに勝ってもらうように設定甘くしたりクギ甘くする
  • でも毎日そうだと赤字になっちゃうのでバランスを考える

こんな感じです。

 

おそらく、そこらへんの飲食店よりも経営するの難しいと思いますよ。

だって、飲食店の場合

お客さんって食べ物とか飲み物とか欲を満たしてくれるじゃないですか。

 

でも、パチンコ店の場合

  • パチンコで勝ってお金を増やしたい
  • スロットで勝ってお金を増やしたい
  • 大当たりを引いてお金を増やしたい
  • とりあえず手っ取り早くお金を増やしたい
  • お金お金お金マネーMONEY増やしたい

と、打率9割9分9厘くらい

【お金増やしたい】

が大半です。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2138000723019079801/2138001319325229103

 

いや、命より重くないからw

利根川出てくんな。

 

出典:http://chansoku.com/archives/13556258.html

 

あとプラスするとしたら、ギャンブル脳で

もたろう
もたろう
うひー!このワクワクドキドキ感がたまんないZE☆

という方です。

 

そのお客さんの要望に対して

  1. ワクワクドキドキ感を与える

というよ吸は応えることが出来ますが

 

  1. お金を増やす

という行為に対して、すべてのお客さんに応えることが出来ないですもん。

 

仮にすべてのお客さんに応えていたら

【倒産】

してしまいます。

 

【父さん、倒産】

です。

出典:https://bokete.jp/odai/4138555

 

前置きはさておき。

閉店間際に1人のお客さんに声をかけられたんですよね。

 

普段スロットを打っている常連様です。

 

もたろう
もたろう
お、なんだろうな~

と、心の中で思いながら私は

 

もたろう
もたろう
どうかなさいましたか???

と、普通に接しました。

 

 

すると・・・・

 

グニャん

 

ぐにゃああああああん。

出典:http://tubootuboo.blog.fc2.com/blog-date-201711.html

 

こんな具合に、会員カードを曲げて言われました。

 

「もう、このお店二度と来ない」

って。

 

さすがの私も、いきなりでびっくりして

 

もたろう
もたろう
え!?んええあえええ!?

と心の中で思いましたが、すかさずその常連様が

 

「やり方が汚いよね、僕が打つ台は出なくて隣の台ばっかり出すんだもん」

「これじゃあ遠隔やってるって思っちゃうよね」

「毎回来てるのに、もうやってらんないわ」

 

と、めっちゃ怒ってました。

 

そのまま聞く耳を持たず、お店を後にした常連様。

そのあとに見かけることはありませんでした。

 

 

お店としても、お客さんにお金を使ってもらわないと成り立ちません。

ただ、気持ちとしては全てのお客さんに心地よく思ってほしいと心の中で思っています。
(ほぼ無理なんですけどね)

 

この出来事から

もたろう
もたろう
なんか・・・パチンコ店って空しいな。

と思う、もたろうなのでした。

 

パチンコはほどほどに。