おすすめの本

「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」を読んだ感想

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

という本を読みました。

読んだ感想を三行でまとめると

  • 共感できる部分があった
  • 自分に自信がある人だと思った
  • マネしたい部分があった

です。

 

こんな人にオススメです。

  • 人生に夢を持ってない人
  • 人生に疲れた人
  • 何か特別な存在でありたい人
  • とりあえず自己啓発をしたい人

 

では感想です。

ローランドって誰だ?

この本を読むまで私は、ローランドという人の存在を1ミリも知りませんでした。
(お恥ずかしい限りです)

 

なんでもホスト業界の帝王(?)らしく

めちゃくちゃ有名で、テレビにも出てますし

実業家らしいです。

 

確かに言われてみたら、テレビでちょこっと見かけたことあるかもしれません。

でも、トレンドに疎い私は

 

もたろう
もたろう
ローランドって本名なのかな?何人だろう。

 

と、本の表紙を見て思ってました。

 

そしたらなんと日本人らしいです。

 

学生時代にサッカーに明け暮れたスポーツ少年だったらしく

大学入学時に昔から憧れていたホスト業界に入ったそうですね。

 

と、前置きはこの辺で

今回は私が共感を受けた部分と

ここをマネしたいという部分を紹介したいと思います。

年齢で判断しない点に共感

私の話になるんですが

中学生ころから、疑問に思っていたことがあります。

 

それは

1年か2年くらい先に生まれたからといって

「先輩だから敬語を使え」

という謎の決まり(?)みたいなのです。

 

これには、昔から私は納得できませんでした。

 

なので、私が先輩の立場になっても

敬語を使わない後輩がいたとしても、なんとも思いませんでしたし

後輩とよく遊びに行ったりもしてました。

 

ローランドさんも同じような考えで

年齢で判断せず、人柄やスキルなどを考慮している

らしいです。

 

年齢なんて所詮飾りですからね。

 

大事なのは

人生でどんな経験をしてきたか

に尽きると思います。

 

年だけ重ねて

「今時の若者は・・・」

とか言って説教垂れるハゲおやじは、私は嫌いです。
(話が逸れました。)

スーパーポジティブシンキング

ローランドの名言?がいくつか紹介されているのですが

その中でも心にグッときたのがこちら

 

前だけ見るのは人生だけだぜ

 

なんでも、後輩に運転指導する時に

「ルームミラーで後方もしっかり確認するように」

と言った後に続いた言葉らしいです。

 

 

いや、え?ww

まぁ確かにそうなんだけど

 

それをサラッと言えるのって、なんだか器が大きい気がします。

でも、人生って前だけ見てれば良い気がしますよね。

 

人生で後ろを見たところで、過去は変えられないですし

過去の失敗があるから今があるって考えもありますが

誰しも人生って、何かに向かって前進してるんですよね。

 

もたろう
もたろう
なるほどなぁ

 

と素直に感じました。

 

それともう一つです。

これは、新人時代にとある先輩から「カッコつけてんじゃねえ」と言われた時。

 

ゴメン、俺さ。
カッコのほうからつきたいと懇願してくるんだよね。

 

 

新人でそれを言えるのかw

そりゃ有名になるわw

自信が凄くある人なんだなぁと思いました。

 

私の場合、外見はそれほどカッコよくないので言えないセリフですね(´・ω・`)

なんだか気分が軽くなる感じ

一通り読み終えた私は、読む前と比べると

気分が軽くなる感じがしました。

 

誰しもが人生に対して大なり小なり悩みはあると思います。

 

そんな時

  • 頑張ること
  • ポジティブに考えること
  • 自分自身を信じてあげられること

が大切なんだと、この本を通じて感じました。

 

自己啓発本とは少し違いますが、何かに悩んだ時に

 

もたろう
もたろう
こういう考え方もあるんだなぁ

 

と前向きになれる本だと思います。

 

一度読んでみてはいかがですか?

この本はKindle Unlimitedで読みました

ちょっと宣伝になっちゃうんですが

私はこの本をKindle Unlimitedで読みました。

 

Kindle Unlimitedの特徴は

  • 約12万冊の中から読み放題
  • 30日間無料体験付き
  • 中には読めるマンガもある

という本好きにはもってこいのサービスです。

Kindle Unlimitedへの無料登録はコチラから

 

あなたにオススメの一冊が見つかるかもしれませんね。