日記

モンスターボールおじさんについて

私の通勤時に気になる事が起きた。

いつもの通勤ルートを歩いていると、いつからいたのか分からないが前に50代か60代近くのおじさんがいた。

そのおじさんは、明らかに左手にモンスターボールを持っていた。

出典:https://iphone-mania.jp/news-169176/

 

モンスターボールと言えば、ポケモン好きなら見間違えることがないくらい有名だろう。

キーホルダーなのか本物のモンスターボールなのかはわからない。

何故なら、モンスターボールおじさんの歩くスピードが意外に早くて左手をブンブン振っていたからだ。

 

とても気になった私は、後をつけてみることにした。

モンスターボールおじさんの特徴

モンスターボールおじさんの特徴は

  • 左手にモンスターボール
  • ニット帽被ってる
  • マスクしてる
  • おじさん
  • スーツ着てコート着てるから多分会社に向かう
  • リュック背負ってる

これくらいだろうか。

 

あともう一つは、私の住んでいる場所とご近所さんかもしれないということである。

何故なら、気づいた時にモンスターボールおじさんが目の前にいたからである。

私が家から出て数分後にモンスターボールおじさんが目の前にいる。
ということは、モンスターボールおじさんもおそらく近くに住んでいるのではないかと推測することは容易だ。

急に走り出した

そう考えていると、急にモンスターボールおじさんが走り出した。

 

珍しいポケモンでも見つけたか!?

 

とワクワクしていたのだが、走ったのは10メートルもないくらいだった。

どうやら、モンスターボールおじさんのさらに目の前にいた子供を抜かしたかったようだ。

 

子供を抜かしたいとは、さすがポケモン命なだけある。

ニット帽被っているのもサトシの影響からなのだろう。

麦わら帽子だと虫取り少年になってしまうし、帽子のツバがあるものだとモンスターボールおじさんの会社の社長に

社長:「おまwwwwその帽子は何だ!ww」

とバカにされてしまうかもしれない懸念からであろう。

 

モンスターボールおじさん、頭の回転が速い。

後ろをチラチラ見る

と、またモンスターボールおじさんがアクションを起こした。

どうやら、後ろを気にしているようだ。

チラチラ見ている。

 

まさか・・・。

私の尾行に感づいた!?

 

と思ったのも束の間、ここの道は狭いので車が来ないか気にしている様子だった。

いくらモンスターボールおじさんでも、車に跳ねられたら重傷だ。

 

用心深いな、モンスターボールおじさん。

私と同じ最寄駅についた

私のカンが当たったようで、モンスターボールおじさんも普段私が乗っている駅と同じだった。

階段を降りて数十メートル歩いた時、モンスターボールおじさんが私の予想を超えた行動を取った。

突然、右手から黒いものを取り出したのだ。

 

なんだあれは??

 

 

ま・・・さか・・・

黒い・・・拳・・・銃・・・・?

 

 

と、ここまでの私の思考スピードは0.7秒くらいなのだが、1秒後には黒いサイフだと認知した。

そう。

モンスターボールおじさんは、SuicaだかPASMOだかをピッとしたかったのだ。

普段の通勤でキップを買うなんてことは、モンスターボールおじさんならまずしない。

 

用意周到なモンスターボールおじさんだ。

運命の時

このままどこまでモンスターボールおじさんをストーカーしたらいいんだろう?

と思っていると、運命の瞬間が訪れた。

 

普段私が乗る場所と違うルートを、モンスターボールおじさんは進んでいた。

 

この場合、私のルートと外れてしまうので降りる時改札から遠くなってしまう。

私にとってメリットは何もない。

 

 

どうする?

このままモンスターボールおじさんを追うか?

それともやめる?

訴えられたら100パーセント負けるぞ?

女性をストーカーして捕まったニュースならよく見るが、モンスターボールおじさんをストーカーして捕まったニュースなど聞いたこともない。

 

どうする?

どうする!?

 

 

んああああぁあああああああ

あああああぁぁぁあああああああ

 

 

「続行!!!」

 

モンスターボールおじさんのストーカーを続行することにした。

車両を1つ挟んでモンスターボールおじさんを尾行する。

そして、私が降りる駅の2つ前で降りた。

 

本当はモンスターボールおじさんと一緒に降りようかと思った。

だが、そこまでしたら

私の中の何かが壊れるような気がした。

モンスターボールおじさんについてプロファイルした

モンスターボールおじさんはおそらく既婚者だろう。

独身で50〜60代のおじさんがモンスターボールを持っているとは考えにくい。

独身で50〜60代のおじさんが買うものとすれば、盆栽だろう。

いや、これは偏見か?

盆栽の魅力について今度調べたいものだ。

 

ここで一つの疑問が挙がった。

モンスターボールおじさんが持っていたあのモンスターボールには、実はポケモンが既に入っていたのではないだろうか?

モンスターボールを肌身離さず持っていたのは、いつでもポケモンバトルができるよう準備していたと考えられる。

今のご時世いつなん時もポケモンバトルを申し込まれるか分からないから。

 

さすがだ、モンスターボールおじさん。

 

中にはピカチュウあたりが入っていたのだろう。

個人的にはピカチュウはある程度レベル上げたら、ライチュウに進化させた方が強くなると思う。

今度モンスターボールおじさんに会ったら、そのことを伝えようと思う。