3000文字チャレンジ

月曜日といえば「仕事行きたくない」って思う。でも人生はあなたのもの。【3000文字チャレンジお題「月曜日」】

月曜日って、だいたいのサラリーマンが仕事始める曜日ですよね。

 

土日休んで、月曜日に出社するっていう。

 

今では私もサラリーマン生活なので、基本的に月曜日に出社しますよ。

 

ただ、前職と前々職は営業職で接客業を経験してるので、月曜日に出社するとかそういう気持ちなかったんですよね。

 

長い休みがあってもせいぜい3日ですから。

正月三が日とか普通に仕事ですから。

 

って考えると、ゴールデンウィークとかお盆休みとか都市伝説って思ってました。

 

今でも思ってます。

そんな長い休みなんてないだろうって。

ゴールデンウィークの10連休とか

 

「どうせテレビ受けがいいから見栄張ってるだけだろ???ほんとは48時間の休みだろ??」

って思ってました。

 

ですが、今はIT業界に勤めていて

 

「なんてIT業界ってホワイトな業界なんだ・・・・・お盆休みで4日も休めるなんて・・・何をしたらいいんだ???」

 

と、長い休みに逆に頭を抱えてしまう私です。

 

本当に長期休みってあるんだね社会人。

業界によっても色々違うんですねぇ。

 

 

ってなわけで、月曜日とはほぼ関係ないですが。

そんな私の社会人生活をちょろっと語ろうかなって。

 

当たり前のことを書いてもつまらないので、普通の人とはちょっと違う経験をしたことでも。。。

 

~接客業編~

 

接客業といっても〇チンコ屋さんです。

あ、〇つけるところ間違えました。

 

 

パ〇チンコ屋さんです。

また間違えました(しつこい)

 

 

っていうのも、そもそもパチンコ屋って怖いイメージしかない

 

と思うかもしれませんがそうでもないですよ!

昔は色々とパンチパーマの方々がやっていたそうですが

 

接客に関しては、かなり厳しい方だと思います。

 

私が勤めていたところは、かなり接客に対しての熱意とか意気込みとか厳しかったですね。

それが今になってかなり役に立ってます。

 

 

だって、パチンコ屋ってうるさいでしょ?

玉ジャラジャラで。

機械台も音がめっちゃうるさいし。

(余談ですが、パチンコ台やスロット台は平均30~40kgの重さです。新台入替とかマジでしんどかった・・・・。100台規模の入替とか死んだ。)

 

そんな中、お客様が何を求めているか洞察力で判断しなきゃいけないのよ?

 

まぁ大半のお客様は、

 

「ドル箱いっぱいに溜まった玉を交換して~」

「スロット台のメダルなくなったから補充して~」

 

ってな感じでボタンを押して

 

 

チッカチッカ

 

ってランプが光るのを店員が見つけて駆けつけるってスタイルなんですけどね。

 

でも、それじゃあお客様待たせちゃうでしょ?

 

だから、

 

このお客様は大当たり何回目でドル箱にこのくらい玉がある

こちらは確変中で次当たりがきたらランプを押される

このお客様はART入ってて、今340枚くらい出てる。さっきも300枚出たからそろそろメダルが無くなりそう。

このジャグラーはBIG3回目。もうホッパーの中のメダルはほぼ無いな。

 

とか覚えてるわけ。

 

しかも、箱に溜まったドル箱を変えるだけじゃなくて

 

タバコが欲しいお客様

飲み物が欲しいお客様

トイレの場所が分からないお客様

パチンコ玉とお菓子を交換してほしいお客様

玉が出ないからクレームを誰かに言いたいお客様(これ大半)

 

っていう色んなお客様がいるわけよ。

 

それを、人間の情報伝達でほぼ必須と言われる

 

「声」

 

がほぼ聞こえない状態で、相手の反応だけを察してやるんだからね。

 

もう頭使うよね(笑)

 

しかもね。

パチンコ屋さんに行ったことある人は知ってると思うんですが、耳に付けてるやつ

あれ「インカム」って呼んでたんですけどね。

 

他のホールスタッフと会話が出来るんですよ。

 

それで、一応ホールリーダー的なこともやってたので。

 

「〇〇さんは、〇〇番台のお客様のドル箱いっぱいになるから、箱替え行って」

「〇〇さんは常連様だから、いつものタバコ頼まれるから覚えておいて」

「〇〇番台のお客様、800回転ハマってて結構イラついてるから気を付けて」

 

とか会話してるのね。

 

ということもあり他のパチンコ屋さんは知りませんが、私が勤めていたところはかなり接客レベルが高かったと思います。

今でもその経験は生かされてて、相手の表情とか仕草とかで何を思っているかとか6~7割くらい分かるようになりました。

 

 

接客業を1回経験してみるのは良いと思うよ!!

人の考えていることがなんとなく分かるようになるよ!

 

~営業編~

さて、次は営業編。

営業といっても、太陽光発電の個人宅営業です。

 

イ〇ンとか某デパートとかスーパーとかで

「太陽光発電、無料診断」

 

とかいう広告見た事ないですか?

 

それです(笑)

 

あれの仕組みはね。

 

スーパーとかで、太陽光発電の無料診断受付をする

 

「全部の家が太陽光発電を付けて効果出るわけじゃないですよ!」って言って無料診断させる。

 

いつ伺っていいかスケジュール調整する

 

当日営業担当が伺う

 

太陽光についての基本的な説明&伺ったお家に太陽光を付けたらどうなるかを説明

 

実際の発電量や電気代がどのくらい安くなるか試算

 

設置する?設置しない?を問う。

 

 

こんな流れです。(これバラしちゃっていいのかな。前の会社に怒られないかな。まぁ前の会社の名前言ってないからいいか)

 

かなりハショりましたが、この一連の流れにも営業トークが様々入ってます。

 

「年々電気代って高くなっているのはご存知ですか?例えば電気料金の明細を見てください。この項目の【再エネ発電賦課金】っていうの。これご存知ですか?実はこれって、太陽光で売電した電気を、電気契約者全員(つまり一般家庭、アパート賃貸など関係なし)で負担してるっていうことなんですよ」

 

「これ聞くと、太陽光発電つけてないってなんか損してる気分になりますよね?」

 

「さらにですよ、年々電気代って値上げしてるんですよね。」

 

「でも、太陽光をつければ自分の家で電気を作ってくれますし、余ったら電気が売れちゃうんですよ!」

 

 

ってな感じで語ってます。(もっと他にも営業トークはあるけど教えない)

お客様の温度に合わせてね。

 

最初っから

 

「太陽光っていいんすよ!!!もう電気売れちゃうしすげーーーんすよ!!」

って言ったところで、ほぼ面識ない人から言われたところで

 

「んえええ??誰?あんた何言ってるの?」

 

ってなるので。

 

 

なので、まずは軽い自己紹介から始めてましたね。

 

 

個人宅に営業行く方は、まず相手との距離感を掴んでから徐々に共感できる内容を喋るのがいいと思います。

 

人間は共感することに対して親近感を覚えるので。(ソースは俺)

 

って、月曜日とはほぼ関係ない事を語りました。

 

 

でもさぁ、月曜日じゃなくてもさ。

 

「仕事に行きたくないなー」

「サザエさんが終わった・・・また月曜日が始まる・・・」

「マンデイ・・・オオ・・・マンデイ・・・。」

 

って思った事は1度はあるでしょ。

私も何百回って思ったことありますもん。

 

「会社に行きたくないなー」

ってワード。

 

 

それって誰しもが思ってる事だし。

あなただけじゃないですよ事。

 

どうしてもどうしてもどうしてもどうしても会社に行きたくないなって時は

1日くらい休んじゃってもいいんじゃないかなって思います。

 

 

休んだことに対して上司から

 

「おめーーーなにやすんでんだよ!!俺だって休みたいのに!マジで意味わかんねえし!休んでんじゃねえよ!」

「はい当日急に休むとか無いから。今から会社に来なさい」

「当日に有休使うとかないから、事前申請ないからダメーーーーーー!(トムブラウン風)」

 

って言われるかもしれないよ(現に私は言われた事があります)

 

でもさ

 

しょうがないじゃん。

 

 

 

休みたいんだもん。

仕事行きたくないんだもん。

 

 

 

こればっかりはしょうがないよ。

1日くらい休んで、今後の自分の人生を考えてもいいじゃん。

 

 

会社に依存したところで、いざって時に多分会社は助けてくれないよ。

 

私は今IT業だけど、前職の営業職を転職する理由も

 

「えー、会社の業績悪化により会社縮小となりました。よって今の拠点を無くします」

 

 

って言われて、東京か名古屋に転勤を言い渡されたからだからね。(ちなみに家庭の事情により転勤は10000パーセント不可能)

 

 

業績悪化ならしょうがないかもしれないけど。

こっちはがんばって仕事してきたのに。

 

 

その見返りが片道キップの転勤かい!!

 

 

って思ったら、会社に依存するのがバカらしくなって。

 

 

なので、月曜日に

 

「んああああ・・・・・仕事・・・・会社行きたくない・・・。」

 

って思ったら、1回休んでみることをオススメします。

 

会社に依存するんじゃなく、あなただけの人生を送りましょーよ。

 

意外になんとかなりますよ!(ソースは俺)