ブログ集客におすすめの本「マンガでわかるWebマーケティング 改訂版」

マンガでわかるWebマーケティング 改訂版

を読みました。

この本は

  • webマーケティング初心者
  • ブログ収益を上げたい
  • webでモノを売りたい

こんな悩みを抱えている方におすすめです。

 

では、読んでみた感想を書きたいと思います。

webマーケティングにおける用語まとめ

まず、この本に登場する用語をまとめたいと思います。

 

というのも、私はwebマーケティング業界で働いたことはありませんし

唯一のつながりとしては、この「ブログ」くらいです。

 

その上で、本を読んでみて

もたろう
もたろう
なるほどね~

と思った用語をまとめました。

KPIとは

指標のこと。

日々の業務の達成度合いを測る数値のこと。

PVとは

ページビューの略。

webサイト内で見られたページ数。

どのくらいサイト内のページが読まれたかを表す。

UUとは

閲覧する際に使われたブラウザ数のこと。

(例)PVが5でUUが1の場合

1ブラウザでサイト内のページが5つ読まれたということ。

セッション数とは

のべ人数のこと

(例)このブログに1人の人(ブラウザ)が月8回訪れたとしたら

  • UU:1
  • セッション数:8

となる

CVR(コンバージョン率)とは

購入数や申込数など、明確な数字のゴールとして使われる用語。

(例)webサイト訪問数が100で購入数が5の場合

CVR(コンバージョン率)は5%

CTRとは

クリックされた数が、分母に対してどのくらいの割合なのかを表す用語。

(例)リリースした記事に対してのCVR

CVR=クリック数÷リリースページのPV数

私が単語の意味を知らなかったのは、まずこの6つてした。

webマーケティング用語で何がわかるのか

さて、この6つの用語から何を知ることができるのか。

いくつか紹介したいと思います。

PV数を増やすには

例えば

  • Aサイトは月100PVでUUは100
  • Bサイトは月100PVでUUは10

同じ100PVですが、この両サイトで

PVを200にしよう

と目標を立てた場合

  • Aサイトはユーザーを100増やさなければならない
  • Bサイトはユーザー10増やせば良い

ということがわかります。
(あくまで計算上ですが)

CVR(コンバージョン率)を上げるには

さて次に、コンバージョン率を5%から9%に上げるには

webサイト訪問数が100に対して購入数を9にすれば良い

ということになります。

 

具体的な施策としては

  • 購入サイトへの導線を分かりやすくする
  • 購入フォームを改善する
  • 価格を安くする

など、いくらでも方法はあると思います。
(実際にこれらのことを行ったからといって必ずしも結果が良くなるわけではないそうです。)

 

ですが、この指標があると

  1. 改善前
  2. 改善後

と数値の変化を目で見ることができます。

 

これを知っていると、施策が合っているのか間違っているのか判断がつきやすいですね。

このほかにも様々なことが書いてありましたが、基本的に数字を知るためには

アクセス解析ツール

を使えば分かるそうです。

 

私の中で身近のだと

「Googleアナリティクス」

ですね。

 

今までなんとなく登録して

もたろう
もたろう
今日のPV数はこんなもんかー

と眺めているだけでしたが、あらゆる数字の意味を知ると

もたろう
もたろう
なるほどね、この記事のUUは◯でCVRが◯だから、ふむふむ。

ってなりそうです。

 

なんかかっこいい気がする・・・。

このブログにどんな効果があるのか

さて、この本を読んだことによって本ブログにどのような効果があるのか。

分析に関しては、Googleアナリティクスを使っているのでスタート地点に立つ準備はできています。

 

今までなんとなくでしか分からなかった用語を知ることができたので、自分なりに仮説を立てて立証できそうです。

  • この記事はなぜPV数が多いのか?
  • 記事からのCVRはどのくらいか?
  • サイト自体のUUは?
  • セッション数は?

など、分析が楽しくなりそうです。

 

ですが、その前に

PV数を上げるには?

が重要になってくると思います。

 

なぜなら

ブログの場合、読まれた数(分母)がないと話にならないから

です。

 

本ブログはキラー記事などありませんし、今まで好き勝手書いてきたのでSEOも意識してません。

なので検索上位に来る記事はごくわずかですし、ネットで検索するときもSEO上位が読まれるのは必須です。

 

SNS集客も手法の一つではありますが、私がやると疲弊しそうで・・・。

なので、どちらかというとマーケティング会社に勤めている人向けの本かもしれません。

 

ですが、個人でのサイト構築やブログなどでアクセス数アップして収益化したいなど考えてる人にも良い本だと思います。

 

これとセットでSEO上位に来るためには的な本も読んでみたいところです。

というか近々読むと思います。

マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 まとめ

マンガでわかるWebマーケティング 改訂版の感想を書きました。

私としてはとても面白い本で、

  • マンガの部分をまず最初に一読する
  • もう一度文字だけの部分を読む

といった2回連続で読みました。

 

この手の本は何度か読まないと理解できない私なので・・・。

ただ、理解できると

Web上でモノが売れるしくみ

が分かった気になって、成長できた感じがしますよ♪