日記

令和の仮面ライダーゼロワンの世界観が某ゲームに似てる

令和初の仮面ライダー、その名も

「仮面ライダーゼロワン」

出典:https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1907/18/news099.html

毎週日曜朝9時から、絶賛放送中ですね。

 

最初の腹筋崩壊太郎で、なかやまきんに君が話題になっていました。

出典:http://kamenrider2.net/archives/68313

仮面ライダーゼロワンとは

そんな仮面ライダーゼロワンですが、テーマは

「人工知能(AI)」

だそうで。

 

仮面ライダーゼロワンを1ミリも知らないという方はこちらのWikipediaを参照ください。

参考記事>>>>https://ja.m.wikipedia.org/wiki/仮面ライダーゼロワン

 

個人的な感想は、まぁ面白いとは思います。

「あるとじゃーないと!」

っていうキャッチコピー(?)も、個人的には好きです。

出典:http://kamenrider2.net/archives/68579

 

そんな仮面ライダーゼロワンですか私はとあるゲームと世界観が被ってしまいます。

 

そのゲームは

「デトロイトビカムヒューマン」

というPS4のゲームです。

デトロイトビカムヒューマンとは

出典:http://blog.livedoor.jp/shikomichigames-tips/10333104.html

西暦2038年のアメリカ・デトロイト。
AI技術とロボット工学の発達により、人間そっくりのアンドロイドが製造されるようになり、人間は過酷な労働から解放されようとしていた。
それにより人類は更なる経済発展を手に入れる一方で失業率が増大。
貧富の格差が拡大していった。
アンドロイドによって職を奪われた人々は反アンドロイド感情を持つようになり、排斥運動にまで発展していった。

2038年8月、家庭用アンドロイドが所有者を殺害し、所有者の娘を人質に立てこもる事件が発生した。
そのアンドロイドはまるで意思や感情を持つようで「変異体 (Deviant)」と名付けられた。
以後、変異体はその1体にとどまらず、増え続けていった。
「変異体」には、与えられた仕事を放棄し逃亡したり、中には人類からの解放を叫び「革命」を起こそうとする者もいた。
アンドロイドは単なる「便利な機械」なのか?
それとも、生きているのか?
人類は、新たな課題に直面する。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%88_%E3%83%93%E3%82%AB%E3%83%A0_%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

プレイ動画はコチラです。

 

実際に私はこのゲームをプレイしていませんが、プレイ動画でシナリオ全て視聴しました。

 

簡単にストーリーをまとめると

  1. 人工知能の人間そっくりのアンドロイドが活躍してる
  2. そのせいで人間の失業者が増える
  3. 所得格差が広まる中、とある事件でアンドロイドが人を殺す
  4. 本来アンドロイドは人間を襲うようにはできてないが、殺害したアンドロイドは意志や感情を持つようにまるで「自我を持つ人間」そのもののようだった。
  5. 自我を持つアンドロイドが増え「アンドロイドにも人権を」と主張し、人間と対話を求める

みたいな感じです。

 

気になった方はプレイしてみてはどうでしょうか?

現代社会の今後の未来

この異なる特撮とゲームの2つのコンテンツは、同じようなテーマを扱っています。

 

このことから、私はそのうち

 

もたろう
もたろう
そろそろ人工知能のアンドロイド出てくるのかな
もたろう
もたろう
鉄腕アトムとかドラえもんとかそういうの出てくるのかな

 

という思いがある反面

 

もたろう
もたろう
まぁ僕が生きてるうちは出来ないだろうな

 

とも思います。

 

ただ、仮に人工知能が搭載されたアンドロイドが作られたとしたら

おそらく今の人間に敵対することは間違いないと思います。

 

それくらい今の人間はクズでどうしようもなく自己中心的。

 

冷蔵庫やテレビなどの家電製品

車や観覧車などの乗り物

パソコンやスマートフォン

電光掲示板やトイレのウォシュレットなど

 

ありとあらゆるものが機械によって便利になっている中

その機械たちの気持ちになって考えてみたら

今の人間はどのように映るのでしょうか。

今できること

そんな近未来、アンドロイドが開発されロボットにも自我が芽生えたら

おそらく人間は太刀打ちできないでしょう。

 

映画ターミネーターの世界と一緒です。

ではどうしたらいいのか?

 

アンドロイドがどのように作られているのか、仕組みを理解すれば、解決策も出てくるかもしれません。

仕組みも知らないのに、自我が芽生えたロボットをなんとかしようなんて

2歳児が車の運転をするようなものです。

 

アンドロイドの仕組みを知るためには

プログラミング思考

のスキルが大切です。

 

↓コチラではオンラインのプログラミングスクールで、全国どこでもプログラミングを学ぶことができます。




令和という新時代。

それでもあなたは

アンドロイドに支配されますか?