実際に使った感想

HDMIケーブルのおすすめ、5つの用途別にまとめた。

最近HDMIケーブルも主流になってきましたね。

でも、間違ったHDMIケーブルを購入すると、使えなかったりします。

それだけは避けたいですね。

ということで、用途別にHDMIケーブルをまとめてみました。

 

ちなみに、HDMIケーブルを接続したけど映らない。そんな時は

テレビとパソコンをHDMIでつなげても、映らない!なんで?を参照ください。

HDMIについての簡単な知識

※詳細な知識じゃなく簡単に語ります。

HDMIケーブルとは:1本のケーブルにまとめて映像とか音声とか送れるケーブル

HDMIケーブルのおかげで

テレビとパソコンを繋いで映像をテレビに出力させたり

ゲーム機を大画面テレビに出力させたり

他にもいろんな機器と接続して映像やら音声やら出力できます。

また、HDMIケーブルには5種類あります。

タイプA HDMI機器の中で最も普及している標準タイプ。
テレビブルーレイディスプレイゲーム機などとの接続に使用される。
タイプB タイプAより一回り幅広いサイズ。
現在使用されていない。
タイプC ミニHDMI端子で、タイプAより一回り小さい。
ビデオカメラとかに使用される。
タイプD タイプCより更に小さいサイズ。
スマートフォンデジタルカメラ小型の携帯機器との接続に使用されている。
タイプE 自動車に搭載されるHDMI端子。

それを踏まえて、HDMIケーブルのオススメを用途別にまとめてみました。

テレビと録画機(HDDやBlu-ray)を繋ぐ用

テレビ用の場合、基本的にタイプAのHDMIケーブルですが最近出てる3Dやら4KやらHDRやら対応のものでHDMIケーブルが変わります。

HDMIのバージョンによって変わるんですが、具体的にはこんな感じです。

・Ver.1.4 3D映像に対応
・Ver.2.0 4K映像に対応
・Ver.2.0a HDRUltra HD Blu-ray規格のコンテンツに対応
・Ver.2.1 8Kコンテンツにも対応

更にテレビの映像画質にこだわる場合通信速度別に3タイプあります。

スタンダード 高解像度のデータ転送には適していない古いタイプ。

4Kのようにデータ転送量の多いコンテンツを正しく再生することはできない。

ハイスピード スタンダードと比べて、約2倍のデータ転送を行える。

ただし、使用する製品によって通信速度や最大解像度が異なるので4Kコンテンツを楽しむ場合は注意する必要がある。

プレミアムハイスピード ハイスピードでも 性能や品質はさまざまで、なかには4Kコンテンツを正しく表示できない場合もある。

そこで高画質・高音質で楽しむための新規格として「プレミアムハイスピード」が誕生した。

なので、高画質、高音質で楽しむ場合は【プレミアムハイスピード】を選択したほうが良いですね。

 

【Ver.1.4(3D映像対応)】

このケーブルだと、1.4規格と記載があるので3D映像にも対応しているので問題なく使用できます。

 

【Ver.2.0(4K映像対応)】

このケーブルは2.0規格なので、4K映像にも対応しています。

また、プレミアムハイスピードなので高画質・高音質です。

 

【Ver.2.0a(HDR、Ultra HD Blu-ray対応)】

こちらもプレミアムハイスピードです。

【Ver.2.1(8K対応)】

【注意点】テレビとHDD(Blu-ray)をつなぐ時

バージョンが合っていなくても、出力させたいだけならコネクタの形状が同じなら接続可能

3D出力がしたいとか、4Kテレビだから綺麗な映像を楽しみたいなどのこだわりが無い限り、基本的にコネクタの形状が合っていれば問題無いです。

3Dなのか4Kなのか8Kなのか自分のテレビを確認する

せっかくの4Kテレビ対応なのに、間違ったHDMIケーブルを使っていては楽しめません。

自分の使っているテレビが何の機能を持っているのか事前に調べましょう。

また、4K対応していないテレビなのにHDMIケーブルだけ4K対応のを使っても、4Kの高画質は楽しめません。

5m以上のHDMIは使わないほうがいい

銅線を使用しているHDMIケーブルの場合、5m以上だと信号の伝搬損失が発生して画像などのクオリティが下がる可能性があります。

部屋の構造上どうしても長い場合は致し方がないですが、5mは超えないほうが良さそうです。

パソコン用

テレビに出力させる場合

テレビに出力させるためには、まず自分のパソコンにHDMI機能があるかを確認します。

現在販売されているのはほぼHDMI機能があると思いますが、一度自分のパソコンの型番を調べてみましょう。

私はこれを買って使っていますが、特に問題なくテレビに出力できてます。

パソコン用モニターに出力させる場合

パソコン用のモニターに出力させたい場合あ、HDMIのどの種類なのか事前に調べましょう。

多くの場合、HDMI-DVIというタイプのものになります。

 

こんな感じのタイプですね。

スマホとテレビを接続する用

iOS(iPhone)

iPhoneの場合はタイプDを使いますが、iPhone専用のケーブルを使用します。

(ただ、口コミだとiOSのバージョンアップを行ったら映らなくなった等あるようですね。)

 

これもHDMIケーブルでiPhoneとテレビをつなげて出力できます。

値段もお手ごろですね。

※有料動画(Prime Videoとかdアニメストアとか)はテレビで視聴することは出来ません。詳しくは

テレビでdアニメストア(配信動画)見たくてiPhone用のHDMI端子買ったんだけど映らなかったって話」を参照ください。

Android(Galaxyなど)

GalaxyによってもUSBの種類が若干違います。

一番手っ取り早いのは、自分が持っている機種はどのUSBタイプなのかを調べるのが早いです。

GalaxyS7EdgeなどはMicroUSBです。

GalaxyS8S9などはTypeCです。

こればっかりは機種によって変わるので、自分のAndroid端末を一度検索してみましょう。

【GalaxyS7Edge用】

【GalaxyS8、S9用】

ゲーム機用

プレイステーション(PS4など)

まぁここ見ててPS4知らないってことはないと思いますが、PS4とはこれです。

これであれば、4Kテレビにも対応していますし長さも2mなので問題なさそうです。

Wii系

WiiもHDMIケーブルで接続することが出来ます。

これであれば、HDMI変換アダプタも付いてますしHDMIケーブルも付属されてます。

これ1本で問題なくHDMIでの接続が行えますね。

プロジェクター用

まずお使いのプロジェクターによって変わります。

基本的にはHDMI接続できると思いますが、事前に型番を調べましょう。

これであればHDMI機能は付いているので問題なさそうです。

ただ、iPhoneやAndroidなどのスマホは別途HDMIケーブルを買う必要がありそうですね。

HDMIケーブル用途別まとめ

HDMIケーブルはなかなか奥が深いですね。

基本的な操作方法は特に必要なく、接続したら出力されるのが一般的です。

 

でも、画質にこだわったり音質などもこだわる場合は対応しているHDMIケーブルじゃないと十分なパフォーマンスを発揮してくれません。

この記事で自分に合ったHDMIケーブルが見つかれば幸いです。