日記

バカな若者ほど選挙に行け。

私は政治に全く興味ないし、選挙も嫌い。

 

何でわざわざ貴重な休みのために

「選挙」

に行かなきゃいけないのか。

 

仮に行ったとして、

  • 誰に投票したらいいのか
  • どんな政党があるのか

を情報収集しなきゃいけない。

 

選挙は18歳から?らしいけど、わたしは20歳になるまで選挙に行かなかったし。

行ったとしても

  1. 可愛い立候補者に入れる
  2. いなかったら無難なやつ(自民党とか)
  3. たまにあみだくじで決める

という、政策とか政党とか一切わからずに投票する始末。

 

何でこうもまた

自分が興味のないことに対してチカラをいれなきゃいけないのか。

もっと人生自分のために使いたいし、政治がどうなろうと知ったこっちゃない。

 

だって現に今生きられてるし。

仮に今インタビューされて

「消費税が3パーセントから5パーセント、5パーセントから8パーセントになっても、自分の生活が劇的に変わりましたか?」

と聞かれたら

「前から同じだよ、金ないし生活なんて豊かにならんわ」

と答える。

 

それよりも自分の仕事をどう有意義にするか、プライベートをどう有意義ににするかしか考えてない。

それだけ私にとっての「選挙」はそんなもの。

 

ただの高齢者たちの暇つぶし。

頭いい人たちの多数決の場。

 

どうせ私は馬鹿ですし、1人選挙に行かなくたって何にも変わらないだろう。

 

 

そう思ってた。

 

 

でも、この動画を見て意識が少し変わった。

朝5時頃に目覚めて、いつものようにTwitterを開いて

「っあ〜あ!今日も仕事か!!」

と思ってた時に何となく見た動画。

 

選挙の演説動画。

 

全く興味ない。

1ミリも興味ない。

 

ただ、コメントに書いてあった内容

へぇ、そう思うんだ。

と、ただ何となく動画を再生した。

 

どーせ難しい言葉を並べて、メガネかけたおっさんが

「あなたの清き一票を」

とか言ってるんだろうと思ってた。

 

清き一票欲しいなら、あんたの性根は腐ってない保証はあるのか?

人間なんて所詮、知能が発達した自己中心的で自分のことしか考えないゲスの極みの連中でしょ?

そいつらが群れをなして、互いに自分のことしか考えずに生きているだけでしょ?

 

なーにが

「清き一票を」

だよ。

 

おめえの顔が清くねえから投票しねぇよ。

 

そう思ってた。

自分の人生を変えたくない人は、動画を見ない方がいいのかもしれない。

動画自体は約15分くらい。

 

初見では、正直めっちゃ長いって思った。

けど、気づいたら全部見終わってた。

見終わった感想は

 

こいつの言ってることは本当か?

消費税0%?いや無理だろ。

マレーシアってどこだ?

難病ALS?よくわからん。

 

と思った。

 

ただ、それと同時に

 

もしこの人が言ってることが本当に実現したら

山本太郎さんの言ってることが本当に可能なら

今の私の暮らしが、豊かになる?

 

とも思った。

 

だが、私の性格上人の話は鵜呑みにしない。

 

数少ない人生経験の中で学んだこと

「人は裏切る、自分のことしか考えない、安易に信用するな」

この想いを胸に、他の政党も調べてみることにした。

 

だが正直

「めんどくさい」

ひとつひとつ調べていくのは正直めんどくさい。

 

しかも今だに政治には興味ないし、選挙にも興味ない。

これは事実。

 

「どっかにまとめサイトでもないかなー」

と思って調べてみたら

あった。

上の画面を押すと、比較サイトに行くのだが

 

言葉が難しい

漢字が難しい

バカにとって読みづらい

というか、何が言いたいのか頭に入ってこない

 

という内容。

 

「このままじゃ、前までと同じなんとなく選挙に行くで終わる」

「頭の良い人に搾取される生活」

「頭の良い人が得をするように作られる国」

「弱者には手を差し伸べず、富裕層に手を差し伸べる」

「一寸先はスラム街」

「このままでは、いけない」

 

そう思った。

 

そこから私は、バカでもわかるように各政党のマニフェストの要点をまとめようと思った。

下記以降は、私が独自にまとめた内容である。

 

  • 自民党:力強い外交・防衛で、国益を守る:国際社会の結束やルールづくりを主導する
  • 公明党:身を切る改革の先頭に:国家議員歳費を10%削減
  • 立憲民主党:ボトムアップ経済ビジョン くらしからはじまる経済成長へ
  • 国民民主党:家計:児童手当増額/地域:乗合タクシーの普及支援
  • 日本共産党:消費増税の中止、くらしに希望を
  • 日本維新の会:身を切る改革・徹底行革、国会改革~小さく合理的、効率的な行政機構に~
  • 社民党:「社会を底上げする経済政策」に転換します。
  • れいわ新選組党:消費税は廃止 物価の強制的な引き上げ、消費税をゼロに。
  • NHKから国民を守る党:NHKにお金(受信料)を払わない方を全力で応援・サポートする
  • 幸福実現党:戦略的な外交を推進して中国包囲網を形成し、自由・民主・信仰という価値観を広げます。
  • 労働の解放をめざす労働者党:自民党と反動の改憲策動、軍国主義路線を断固粉砕しよう!
  • オリーブの木:対米自立(普天間基地の辺野古移設反対、地域協定の見直し、専守防衛等)
  • 安楽死制度を考える会:自分の最後は自分で決めたい

 

ただ画像の「一番に掲げた政策」を箇条書きにしただけ。

まとめてみてわかったことだが

 

ますますわからん。

 

だが、あえてパターン化するなら

  • 経済政策向上について語ってる政党多い気がする
  • 消費税減税or廃止を語ってる政党がちらほら
  • 自民党に対して敵対心持ってる政党もいる

パターンになってないわけだが。

 

そもそも、自分と他の人を比べたところで

  • 収入
  • 性別
  • 年齢
  • 生活環境

など100人いたら100通りあるので、意見が違うわけだ。

だが、ほぼ国民の全員が間接的に関わってくるのが

消費税

だと思う。

 

私は消費税にスポットを当てた。

 

消費税減税or廃止を掲げているのは、次の2つ

  • 共産党
  • れいわ新撰組

だが、2つの政党で違うところがある。

  • 増税の中止か
  • 消費税を廃止するか

だ。

 

言うならば

  • 消費税を10パーセントに上げるのをやめるか
  • 消費税そのものを無くすか

の違い。

 

それだけを考えるなら、圧倒的に後者である

消費税そのものを無くす

である。

 

だがここでひとつ不安要素を思いついた。

 

消費税無くなったら、どうなるの?

消費税ってそもそも何に使ってるの?

 

私が生まれた頃にはすでに消費税が導入されていた為、無意識のうちに何パーセントか払っていた。

当時は3パーセント。

今は8パーセント。

100円だと108円になるわけだが。

10万円だと?

10万8千円である。

 

8千円が消費税。

8千円???

8000円?

ハッセンエン???

 

それ何に使ってるんだよ。

 

消費税がなかったら、8000円得する。

8000円あったら何ができるか?

 

缶ビールを3本飲んでもお釣りがくる。

うまいつまみを買ってもお釣りがくる。

ある程度の外食だって出来る。

回転寿司、ファミレス、ラーメン屋、焼肉屋など。

自分の欲しいものだって買える。

ガソリン代にして遠出する。

1泊2日の旅行だって出来るかもしれない。

 

8000円にはそれだけの価値がある。

それを消費税という形で納めているわけだ。

何に使っているのか気になる。

 

調べてみたらこんなサイトを見つけた。

 

わかりやすく解説と言っているのに、私にはわかりにくい。

 

まとめると

年金、医療、介護、子育てに使ってる

ような気がする。

 

私に直接関係するのは

  • 医療
  • 子育て

あたりだろう。

 

もっと言うと、独身者であれば

  • 医療

元気のみ取り柄の単細胞バカの場合

何も関係しない

と言うことになるのではないだろうか。

 

だが、その一方でこんな記事を見つけた。

累進課税やら法人税とやらもイマイチわからんが

 

結局どれが本当でどれが嘘なの?

それとも全部嘘なの?

それとも全部本当なの?

 

そう思った私は、めんどくさくなって調べるのをやめた。

 

 

さて、結局のところ私は選挙に行くわけだが、改めて思ったこと

  • 日本は頭の良い人の都合の良いように作られている
  • バカは搾取され、貧困を辿る
  • 圧倒的超高齢化社会だから、高齢者の都合の良い政策が通りやすい

こんな感じだろうか。

 

だからといって、私は今の若者に選挙に行けと言わない。

タイトルで「バカな若者ほど選挙に行け」とか言ってるにもかかわらず。

 

だって、めんだくさいでしょ?

政策とか興味ないでしょ?

政治なんて自分の生活に無縁だと思ってるでしょ?

 

18歳になって選挙権あっても、

まだ未成年だし知らねーよ

って感じでしょ?

 

その気持ち分かるという安易なことは言わないが、以前まで私はそう思ってた。

だが、可能性の一つとして自分が納得した政党に投票したら

何かが変わるかもしれない。

 

今の生活

つまらない

あと何年働くのか

消費税また上がるのか

金無いし

老後なんて考える余裕ない

今生きるので精一杯

そんな風に考える人も、多いのではないだろうか。

 

義務教育とは違い、選挙に行かなくても罰せられることはない。

だが、投票すれば今の暮らしがより良くなるかもしれないのに

 

日曜日だし、夏休みで外に出たら人多いから引きこもる。

それは確かに一理ある。

だが、投票なんて移動時間も含めたら、場所にもよるがおそらく30分もかからないだろう

 

その30分で消費税が無くなるかもしれないのに。

それでもあなたは選挙に行きませんか?