3000文字チャレンジ

〇〇の選び方「3000文字チャレンジお題【〇〇の選び方】」

今これを見ているあなた。

 

 

人生の中で、いくつもの選択をしてきたのではないでしょうか?

 

 

高校受験

就職活動

結婚や妊娠

転職

 

といった人生の分かれ道を決める大事な選択から

 

今日の晩ご飯

明日着る服

見るテレビ番組

休みの日の予定

 

なんていう些細な選択も。

 

 

誰しもが日々、多数ある選択肢の中から自分で選んで行動しています。

 

 

 

成人し大人になったら、選択したことに対して責任が伴います。

 

 

 

これが、子供と大人の違いの一つと言っても良いのではないかと思ってます。

 

 

 

ですが、

 

 

「やっぱり明日からやろう」

「なんとなくめんどくさいからやめよう」

「昨日やったし、今日はとりあえず休もう」

 

 

といった気持ちで、新しい事をやろうとして結局やらないパターンを経験したことはないでしょうか。

 

 

ちなみに私は何百回も経験しています。

 

 

「よし、ファイナンシャルプランナーの資格勉強しよう」

「プログラミングの勉強しよう」

「英語話せるようにスピードラーニングやろう」

「腹筋割るために筋トレしよう」

 

 

この他にも多々ありますが、多くの事を実行しようとして結局辞めてきました。

 

 

 

でも、やろうと思った時は

 

 

「よし!やろう!もうバリバリやっちゃうもんね~!!」

 

 

って意気込んでやる気も万全だったのに、時間が経つにつれて

 

 

「う~ん、まぁ明日からでもいいかな」

と思ってしまうのはなんででしょうね。

 

 

 

やる気がなくなってしまう原因が何なのか、その時は気にもしていませんでした。

 

 

 

がっ!!!!

つい3年くらい前に、とある本に出会い

 

「っええええぇぇえええぇぇえええ!?やる気なくなる原因ってそういうことだったの!?」

 

と目からウロコならぬ目からイリオモテヤマネコが5匹くらい落ちてきそうなくらい衝撃だったので

今回はそのお話をしたいと思います。

(少し自己啓発でセミナー的な文になるかもしれませんが、安心してください無料です。)

そもそもなんでやる気がなくなるのか

「よしやろう!!!」

 

って思うのに、時間が経つにつれて

 

「やっぱりめんどくさい」

「う~ん明日からやろっかな(*’ω’*)」

 

と思ってしまう感情。

これは何なんでしょうか?

 

 

この原因は、とある性質が関係しています。

 

 

それは

【常にいつもの状態であろうとする性質】

です。

 

 

これをホメオスタシスと言います。

 

 

多くの人は、人生で色んな選択をしてきました。

その選択の結果が今のあなたです。

 

 

「よし!ダイエットしよう!」

「資格の勉強がんばろう!」

 

と急に思っても、

【常にいつもの状態であろうとする性質】

が働いてしまい、結局

 

「う~ん。今はまだその時じゃないのかな?」

と思考してしまいます。

 

「〇〇しよう」

と思う前の自分に戻ろうとする性質ですね。

 

 

その結果、

 

三日坊主

一日坊主

そもそも行動しない

 

となってしまいます。

人間は過去の自分のデータを記憶している

人間は皆、過去の延長戦上に今の自分がいます。

 

 

小さい頃自転車の練習をしてうまく乗れた

箸の持ち方を練習して上手に使えるようになった

 

など。

過去の経験により今の自分が形成されています。

 

逆に言えば

 

走るのがすごく遅かった

勉強がニガテだった

 

といった思いがある人は、現在でも走るのが遅かったり勉強がニガテと思いがちです。

 

 

ですが、実際は自分が「思っている」だけの場合も多いです。

 

 

このような現象を「セルフイメージ(思い込み)」と言います。

 

 

自分には才能がない

自分には努力しても報われない

能力がないからやらない

 

そういった思い込みによって、別の選択をしたケースも多いのではないでしょうか。

 

ですが、この「セルフイメージ」により

「私は出来る」

「やれば出来る」

といった思い込みを持つことによって、他の人と比べて出来るようになる事もあるそうです。

常に最善、最良を選ぶというクセ

人には2通りの意識が存在しています。

 

・顕在意識

・潜在意識

 

です。

 

顕在意識とは、自分が考えて行動する意識のことです。

 

「明日からダイエットしよう!」

「資格の勉強をしよう!」

 

と意識するのが顕在意識です。

 

それに対して潜在意識とは、常に最善、最良を選ぶといった性質を持っています。

 

過去の経験、選択、思考や思いなどから、最善を選ぶといった感じです。

これは無意識で行われています。

 

 

この

 

顕在意識

潜在意識

 

ですが、比率でいうと

 

顕在意識:3パーセント

潜在意識:97パーセント

 

の割合だそうです。

 

つまり

 

「ダイエットしよう!」

と思っても、潜在意識の割合が多い為

 

「あっ常に最善、最良を選ばなきゃ!」

といった意識が働き、ダイエットをしようと思う前の自分に戻ろうという意識が働きます。

 

これは、ダイエットする前まで最善の選択をしており生きてこれたのに、急に

 

「ダイエットをしよう!」

 

と思った事に対して、潜在意識が

 

 

「え?どうしたどうした?これは最善の選択じゃないんじゃないか?」

 

という意識が働き、元に戻そうとする動きだそうです。

 

よって

 

「やっぱりダイエットは今度にしよう」

 

という意識になるそうです。

どうしたら行動出来るようになるのか

「じゃあどうしたらええんや!!!!」

 

 

と思ったそこのあなた!

 

 

まずここまでの話を整理しましょう。

 

その1:やる気が無くなる原因は、常にいつもの状態であろうとする性質が働く為

「〇〇をしよう!」

と思ってもいつもの状態に戻る

 

その2:人間は過去の自分のデータを記憶しており、上手くいかなかった事などは

「どうせ私なんかやっても無駄でしょ」

と思い込みをしやすい。

でも、「思い込み」なので実際に行動すると他の人より良い結果になるパターンもある

 

その3:人には2つの意識があり

顕在意識「自分が考えて行動する意識」全体の3パーセント
潜在意識「常に最善、最良を選ぶ意識」全体の97パーセント

により潜在意識が勝つ為、昨日の自分(何かをやろうとする前の自分)に戻ろうとする

 

 

大まかにこの3つです。

 

行動する方法の1つとして

 

・常にいつもの状態であろうとする性質が働いてると認識する

・思い込みの性質を利用し「自分は出来る」と10パーセントくらい思う

・10パーセントが定着したら、いつもの状態であろうとする性質を利用する

・また思い込みを利用し、「自分は出来る」と10パーセントくらい思う

 

これを繰り返していけば

 

思い込みの質が上がる(自分は出来ると思い込むようになる)

常にいつもの状態であろうとする性質が働く(いつもの状態=自分は出来る)

慣れてきたら、潜在意識(常に最善、最良を選ぶ意識)も働き、行動するようになる

 

といった具合に、行動できるようになるそうです。

このことから私が言いたい事

そもそもなんでこんな某セミナーみたいな怪しい自己啓発や

 

「〇〇の情報売ります!」

みたいな情報商材まがいの文章を書いているのか。

 

全く3000文字っぽくないですよね。

いつもは自由奔放に書いている私ですが。

(もし気になった方は過去記事をご覧ください。とんでもない妄想記事とかあるので気を付けてください。)

 

 

最近3000文字に参加してみて思うことが1つありました。

 

 

「あれ?3000文字に参加している人って同じ人ばかりになってきてない?」

 

って。

 

まだ10回くらいしか参加していない私ですが

投稿した際にはハッシュタグで他の人の書いた記事を見に行っています。

 

今回ならハッシュタグで

「#3000文字選び方」

みたいな感じで検索してます。

 

そうすると、3000文字で書いている方の記事が拝読出来るんですよね。

毎回面白く読ませて頂いてます。

 

 

 

でもですよ。

 

書いている人以上に読んでる人の方が多いと思うんですよ。

 

 

それが

 

「いやいや参加とか恥ずかしいでしょ。読んでるだけでいいよ」

「え?今までブログ記事とか作成したことないからムリ」

「そもそも3000文字とか書けないから・・・」

 

など、どう思っているのかは存じ上げておりません。

むしろこんなこと言ってはいけないのかもしれませんが。

 

 

もっと他の人が書いた3000文字読みたいなー

って最近思うんですよね。

 

 

なので、新しい事をやってみようと思っても実際に行動出来ない理由を書いてみました。

全部が全部当てはまるわけではありませんが、少なくてもこの文に書いてあることは

私には当てはまったので。

 

これをきっかけで1人でも

「ふむ、3000文字ね。1回くらい参加してやんよ」

と思っていただけたら幸いです。

 

 

というかただ私が読みたいだけなので笑

あとがき

実際に読んだ本はコチラです。

 

 

本文以外にも色んなことが書いてあり

 

スコトーマ(心理的盲点)により、人間の脳は3パーセントしか使っていない。必要なところしか使わないようにしている為、必ず盲点が存在している

人生は過去の続きではない、この時点から新しいストーリーに書き換えることが可能。
その為にセルフイメージ(思い込み)をして感情のトビラをあける。

ゴールを考えるのが先、How(やり方)は後。
ぶっ飛んだ夢を持ち、それに向かって妄想。セルフイメージを変えてコンフォートゾーンを広げる。

コンフォートゾーンとは:安心感、居心地が良い空間のこと
人間は慣れ親しんだ毎日の行動、空間、知人に会っている時に安心感を感じリラックス出来る

このコンフォートゾーンから抜け出した行動をすると「不安」を覚え居心地が悪くなる

なんてことも書いてあります。

 

これをきっかけに、いつもとは違う【選択】をしてみては、如何でしょうか?

 

3000文字チャレンジではこんな記事も書いています。

コチラも是非一読を!