3000文字チャレンジ

Twitterでの私の経験と思い「3000文字チャレンジお題【Twitter】」

私の中でTwitterとは切っても切り離せない縁があります。

今日は、Twitter歴10年以上の私の

【Twitterで実際にあったこと】

をいくつか紹介したいと思います。

 

そして最後に

【Twitterに対しての私の思い】

をつらつらと書いてます。

まずは実際にあったことスタート!

オフ会でいろんな人と知り合った

Twitterを始めたきっかけは、2009年あたりにやっていたドラマの影響です。

確かドラマ「のだめカンタービレ」の主人公が出てたはずです。
(上野樹里さんって言え)

第一話でTwitterが出てきて、オフ会をするという流れでした。

その第一話を見て

「へぇーTwitterってなんだか面白そうだな」
と思い、早速アカウントを作りました。

 

ですが、始めたころはフォローもフォロワーもよく分からずに試行錯誤してましたね。

それから

・宮城県に住んでいる人
・声優(平野綾さん)が好きな人
・アニメ好きな人

を主にフォローしていきました。

半年くらい経ったころ、フォローしている一人が

「オフ会やります」

と、ツイートしたのがきっかけでオフ会に参加しました。

 

当時私は20歳の大学生。

 

それに対して、参加者は社会人やどっかの社長やいろんな人です。

色んな人がいたし、色んな話も聞けたことは今で良い経験となっています。

オフ会で知り合った人の家に1週間くらい泊まった

そんなTwitterのオフ会ですが、とある人と親しくなり実際に働いている会社にも行ったりしてました。

そんなノリで気づいたら、その人(仮にAさんで)の家に1週間くらい泊まってました。

 

確か当時の年齢は50歳いってないくらいだったはず。

 

もちろん独身男性なので、何が起きるということは毛頭ありません。

毎晩お酒飲んで寝てって感じて、職場にも一緒に行くこともありました。

私はその職場で特に何かするわけではなく、ただ居るだけです笑

 

その職場は支店で、実際に私とAさんの2人しかいないので周りに迷惑かけるということはありませんでした。

でも、今になって考えると破天荒なことしてた気がします。

 

働いている人の職場に行って何もしない

家族でもなんでもないただオフ会で知り合った人の家に1週間くらい泊まる

ですからね。

 

ちなみに今でも連絡は取れますが、最近は交流がありません。

Twitter上でコンタクトは可能な関係です。

就職内定もらった

私が大学3年生になるくらいのタイミングで、Aさんから口約束ですが

「大学卒業したら、ウチで働く?」

と言われました。

何にも就活とかしてなかったですが、内定もらったような感じです。

 

まぁその時就職なんて全く考えてなかったので

「じゃあ、行くとこなかったらおねがいね!」

と言った気がします。
(年配ですが、タメ口です)

ですが、入社することなくこの話は無くなりました。

 

東日本大震災が起きたため、支店自体が無くなったんですよね。

口約束でAさんは軽い気持ちで言ったのかもしれませんが、私にとって良い経験でした。

オフ会で知り合った人がおっ始めた

先に言っておくと、おっ始めたというのは性的な意味です。

 

大事だからもう一度言います。

 

おっ始めたというのは性的な意味です。

 

ある日、オフ会で知り合った女性宅の家でみんなで飲むことがありました。
集まったのは6人?7人くらいだったと思います。

みんなそれぞれ社会人で、学生は私だけです。

いい感じに飲んで、みんな酔っ払ってます。

 

時刻は大体22時くらいでした。

そろそろお開きにしようと思ったのですが、何故か私ともう一人の男性(仮に不倫男)が、女性宅の家に泊まることになりました。

まぁ、もう読んでいるあなたはお分かりかもしれませんが

女性と不倫男はそういった関係です。

なので、正直気まずい私はリビングで寝ることに。

女性と不倫男は寝室へ。

で、泊まるのは悪いし帰ろうと支度して玄関までコソコソと歩いた時に

 

「あっ///んぁあ///」

 

と、女性の喘ぎ声と共にチュパチュパと音が聞こえます。

 

うるせぇーーーよ!

こちとら彼女いなくて溜まってるんじゃボケぇ!!

今からその寝室の扉を開けて3Pしてやろうか!!

と、今なら思いますが

当時の私はウブで健全な男性(え?信用ならない?いやいや、本当です)だったので

そそくさと音を立てずに玄関の扉を開けて帰りました。

今となってはうろ覚えですが

あの時エッチしても良かったかなぁーー。

結婚相手が見つかった

今の嫁と結婚することになったのもTwitterがきっかけです。

知ってる人は知ってるかもしれませんが、オフ会に参加した時に嫁が向かいに座ったのがきっかけでした。

そこから仲良くなって・・・・

というわけではなく、震災と引っ越しと色々きっかけがあって関係が深まるわけですが

それは別の記事で書いているので、良ければ読んで頂きたいです。

最後にリンクを貼っておきます。

Twitterに対しての私の思い

さて、最後になりましたがTwitterに対しての私の思いです。

今まで10年間くらいTwitterをして、様々な人との交流がありました。

時には優しい人もいれば、中傷罵倒してくる人もいましたし

1人の人を袋叩きにするような皆んなのツイートも見たことがあります。

そのことに対してとやかく言うつもりはありませんが、人は100パーセント誰かがいないと生きてはいけません。

Twitterだけでなく人との関わりによって、自分の人生が左右されることもあるでしょう。

ですが、実際にその人たちは責任持って発言しているわけではなく軽い気持ちです。

最近もSNSでの嫌味なリプライとかを目にしますが

心の中に相手より上に立ちたい思いや、見下して圧倒したいという気持ちが嫌味なリプライに繋がっているのかもしれません。

相手の気持ちを考えれば、自然と言動や態度も優しくなると聞きますが

分かり合えない人とは、基本的に分かり合えません。

自分が変わったところで、どうしようもなく話が合わない人は少なからずいるでしょう。

そんな人とTwitterで知り合ったら、ブロックするなりフォロー外して関わらないようにするなり色々と対処法があります。

芸能人やインフルエンサーの場合、当人がミスを犯したら総バッシングされることはありますが

大半は関わる人を選択できる立場にあるのではないでしょうか?

仕事でもプライベートでもなく、第3の世界としてTwitterは存在していると私は思います。

そこでストレスを抱えるのはナンセンスではないかと思います。

 

 

余談ですが、最近Twitterばっかりやっていて気がついたら1時間過ぎていたということがよくあります。

1時間経ったにもかかわらず、特に何もしていない。

なんか時間を無駄にした気がするという感覚が、私の中に残ることが多々あります。

これこそ立派な

「SNS中毒」

なのでしょう。

 

対処法はTwitterアプリを消すことから始まると思います。

私は幾度となくこの

「SNS中毒」

にかかっているので、Twitterを見た時に

「あかん!ブログ書かなきゃあかん!」

と思うことで克服してきました。

Twitter自体が悪いわけではないですが、依存すると本当に大切な時間まで失う可能性もあるので注意が必要ですね。

お酒はほどほどにと同じで

Twitterもほどほどに。。。

嫁との出会いの馴れ初め

最後の最後ですが、嫁との出会いの馴れ初めはこちらの記事に書いています。

嫁(10歳上)との出会いの馴れ初め。

興味があれば、読んで頂けると嬉しいです。

最後まで読んで頂き恐縮です。