3000文字チャレンジ

私が体験した質の良い睡眠の取り方【3000文字チャレンジお題「睡眠」】

睡眠は人間にとって必須のことです。

眠らない人間など存在しません。

風の噂ですが

 

「右脳と左脳交互に眠らせることができるよー」

 

なんて話を聞いたことがありますが、そんな超人的なこと私にはできません。

むしろそんな事ができるのは、人間ではなく他の動物なのではないでしょうか。

 

と、どうでもいい前置きでしたが

「私が体験した質の良い睡眠の取り方」

について、いくつか紹介したいと思います。

寝る前にスマホはアカン

スマホの画面からブルーライトが出ているのは、テレビなどで聞いたことがあると思います。

このブルーライトを寝る前に見ると、脳が活性化してなかなか眠りに付きづらいです。

 

特に、暗い中でスマホをいじったりしてると目にモロ光を浴びます。

本来であれば寝る1時間前からスマホやテレビを見るのをやめた方が良いらしいですが、現代ではなかなか難しいのかもしれません。

そんな時でも10分前とかにブルーライトを見るのをやめると、眠りにつきやすくなります。

 

私の場合暗くしてスマホをいじってイヤホンさしてエッチな動画見ることがあるんですが、これは睡眠の質を下げまくりなのでやめましょう。

 

かといって電気を付けたまま見るのもシャクなので、どうしたらいいか分かりませんね。

 

世知辛い世の中だZE☆

浴槽に浸かるのが良い

続いては、お風呂についてです。

シャワーだけ浴びて済ませる人も多いでしょうが、身体の芯から温まった方が眠りにつきやすいです。

寝る1時間前に浴槽にしっかりと浸かって、足のマッサージだったりをしながらゆっくりするとリラックスできます。

 

夜遅くですぐに寝なきゃいけない時は、長く浸からずに短時間でも効果があります。

 

肝心なのは

【眠りに着く時に、体温が下がっていること】

が、眠りにつきやすいコツです。

お風呂からあがった後すぐだと、体温が上昇している為なかなか寝付きにくいです。

 

お風呂である程度あったまってから、少し冷めたくらいがちょうど良いでしょう。

 

ってなんだからカウンセリングみたい???笑

日中行動する

人間は夜行性ではないので、朝起きて行動して夜は寝るという体内時計を持っています。

夜勤の方は、どうしようもないかもしれませんが日中に太陽の光を浴びて身体を動かすと、夜に眠くなります。

 

昼寝をしすぎたりお昼頃に起きたりすると、夜眠くなりません。

日中にどうしても眠い時は、30分以内の昼寝は効果があります。

眠いと仕事もろくに出来ないですからね。

パジャマを着る

最近始めたことなんですが、パジャマを着て寝るようにしています。

前まではスウェットとかでしたが、パジャマを着るようにしてから寝心地が良くなった気がします。

 

もしかしたら、パジャマの保温性と肌触りと寝心地感がすべてマッチしているのかもしれません。

パジャマを着るなんて小学生の時以来で、中学生から大人の現在まで疎遠でした。

 

パジャマって、意外に侮れないものです。

肌ざわりとかだけじゃなく、パジャマを着るという行為だけで寝る前のルーチンが身に付きます。

 

無意識のうちに

パジャマを着る=寝る準備

と、脳内に刷り込ませることも可能です。

 

パジャマと聞いたら、世間一般には「寝る」と思いますよね?

そういったプラシーボ効果(思い込み効果)も、パジャマには存在するのだと思います。

 

余談ですが、女性だけでよくおこなわれている

私は都市伝説だと思っている

「パジャマパーティー」

ですが、あれって本当に楽しいんですかね??

 

女性同士がパジャマで一緒に寝る

ということですよね???

 

私は男性なんけど、聞いただけで楽しいというかなんというか

 

興奮して寝られない

 

んじゃないかって思うんですけど、皆さんはどう

 

なかの:「もたろうさん」

もたろう:「はい、下ネタになりそうなんですよね。気を付けます」

お酒を飲みすぎない

ある程度のお酒を飲むことは、眠れない時に効果的です。

ですが、お酒を飲みすぎると眠りが浅くなり睡眠の質が劣ります。

 

これは過去私が何百回と経験していることなので、お酒は本当にほどほどにした方が睡眠の質が上がります。

冗談ではなく、お酒を飲まないで眠りについたほうが睡眠の質が上がります。

それだけお酒の効果って、睡眠にとっては良くないと思ってます。

 

私の場合、お酒を飲むと飲みすぎてしまって

「わっしょいわっしょい!!わっしょいごくごくゴクゴクgkgk」

と、調子乗って飲みすぎてしまうクセがあるので、まずはこれを改善した方が良いのかもしれませんね。

 

ただ、興奮したり寝付けない時はお酒の力を少し借りるのも一つの手なので、一概にお酒が悪いというわけではないです。

 

アルコール万歳。

アイマスクをする

私の部屋の場合ですが、外の光が部屋の中に少し入るんですよね。

こもれびっていうんですか?

 

こもれびってなんですか?

そんな感じで、部屋の電気を消したとしても部屋がほんの少し明るいわけです。

だったら遮光カーテン買えYO!って話なんですけど、う~ん。

 

と、僕が取った行動は

「アイマスクを買う」

でした。

 

アイマスクは6年前くらいから愛用しているんですよ。

といっても100円ショップのを使ってたんですが、最近になってちょっとお高めのアイマスクを購入しました。

確か1800円?とかした気がします。

 

アイマスクにそんだけのお金払うの??と思ったんですが、100円ショップのやつってすぐゴムがビヨーーーンってなるんですよね。

だから、消耗品化しちゃうんですよ。

 

だったら、ちょっと高くても長く使えるやつがいいかなぁと思って買いました。

確かシルク素材だったはず。

洗濯機に入れても大丈夫!な気がします。
(使用書読んでないからわかんない)

 

このアイマスクはゴムがなく、マジックテープなので締め付け感がないんですよね。

 

え??どのアイマスク使ってるのかって?

それは最後にリンクを貼りますよ笑

布団乾燥機をかける

寒い冬の時期には、布団乾燥機がおすすめです。

布団に入ると、せっかくお風呂であったまったのに冷えて

「寒いでしかし!」

とメガネをくいってさせることありますよね。
(ねえよ)

 

でも、事前に布団乾燥機があると冬場でも布団の中が暖かいので、快適に寝ることができます。

特に私が住んでいる東北地方は、冬場になるとマイナス〇度になるので、布団の中の暖かさって結構重要なんですよ。

 

そのせいで朝、布団から抜け出せなくなる時もあるんですけどね。

それは冬あるあるってことで・・・。

寝れない時は自分の呼吸に焦点を当てる

これはたま~にやるんですけどね。

寝る前に脳が活性化して

「やっべーーーなかなか寝付けないわほんとに」

っていうとき、私あるんですよ。

 

前に寝付けなくて悩んでいた時期がありまして。

そんな時に手に取った本

「グーグルマインドフルネス」

っていう本があるんですよ。

 

あのgoogleさんです。

ゴーグルではありません。

 

実際にはリラックスするときの方法みたいなことが書いてあったんですけど

これって、寝ているときにも使えるんですよね。

 

大切なのが

・自分の呼吸音のみに集中すること

・無になること

でした。

 

無になろうとしても、頭の中でいろんなことを考えてしまうのが就寝時です。

明日何しようかな?とか

仕事か~イヤだなぁ。とか

そんなことを考えてしまいがちです。

が、自分の呼吸音に集中して無になると、自然と眠りにつくことができます。

 

もし無になれずに色々と考えてしまうなら、また呼吸音にだけ集中する。

その繰り返しで、気が付いた時には眠りに落ちているという手法です。

 

この「グーグルマインドフルネス」は主に日常でリラックスしたい時に活用するんですが、就寝時にも効果的ですよ。

私が体験した質の良い睡眠の取り方まとめ

ここに記載したのは、私が実際に体験して思ったことです。

他の人には合わない場合もあるので、参考程度に・・・。

 

最後にアイマスクのオススメです。

↓にレビュー記事のリンクを貼っておきます。

アイマスクおすすめ!【PROTAGE極上天然シルクアイマスク】を使った感想。

このアイマスクは本当におすすめです。

 

ではみなさん。

快適な睡眠ライフをお過ごしください。

 

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ