3000文字チャレンジ

3000文字チャレンジに約1年間参加して得たもの

3000文字チャレンジとは

簡単に言うと

  • 毎週出されるテーマについて書く
  • 3000文字以上書く
  • 文字装飾とか線を入れたりは禁止

というルールで

 

主にブログをやってる人のための

企画です。

 

詳しいルールはコチラです。


さて、この3000文字チャレンジですが

私は去年から約1年間

ほぼ毎週参加しました。

 

アリス
アリス
毎週参加って・・・あんたヒマなの?

 

もたろう
もたろう
まぁそう思われちゃうかなぁ?

 

と、我ながら相当なヒマ人だったのかもしれません。

 

ですが

1年間続けてみて得たもの

もあります。

 

おそらく3000文字チャレンジに一番多く参加したのは

私ではないか?という自負があります。

 

運営者でもそんなに参加してないですからね。

 

いやー

我ながらよく参加してましたね笑

 

では、

3000文字チャレンジに

1年間参加して得たもの

を紹介したいと思います。

ブログを書くことに抵抗がなくなった

ブログを始めた頃は

 

もたろう
もたろう
何書いたらいいかわかんない

 

と、記事を書くことに億劫になってました。

 

このブログは雑記なので

基本的になんでも書いていいんです。

 

でもたまに

書きたいけど何を書いたらいいか分からない

なんて迷うことがあるんですよね。

 

ですが3000文字チャレンジの場合

毎週テーマが出されるので

そのテーマに対して自分の思うことを書けばいいだけです。

 

そうやって、自己主張する

スキルが身についたんだと思います。

 

ブログでお金稼ぐ

という目的で始めた方も多いと思いますが

世の中には色んなブログがあります。

 

ブログで1番難しいのは

継続すること

だと思うので

 

3000文字チャレンジの場合

毎週テーマが出されますし継続しやすいと思います。

 

私の場合

 

もたろう
もたろう
書かなきゃ・・・あかん!

 

という謎の使命感を持つ場合もあるので

自分の意思が弱い方にもオススメですね。

どんなテーマでも書けるようになった

3000文字チャレンジでは

毎週さまざまなテーマが出されます。

 

「井戸」

 

について書くこともあれば

 

「ぐるぐる」

 

というテーマの時もありました。

 

正直ほんと意味がわかんないです(´・ω・`)

 

そういう面からも

どんなテーマでも3000文字以上書ける

という自信はついたと思います。

 

文章の良し悪しはさておき

ブログは書かなければ何も始まりません。

 

自分の思いの丈を文章化するのって

案外難しいんですよね。

 

しかも3000文字以上ですから

400字の原稿用紙7枚半です。

 

学生時代の本業である勉強の時ですら

作文の宿題でそんなに書いたことはありません。

 

書けるスキルが少し身に付いたので

次は稼げるスキルを身につけたいなぁ

なんて思ってしまうのは、私が成長した証拠でしょうか?

ブログ仲間が増えた

ブログを始めた頃は

 

もたろう
もたろう
僕の周りにブログやってる人なんていないし
ブログやってる人なんて都市伝説でしょ?

 

なんて思ってましたが

 

実際に探してみると星の数ほどブログやってる人がいました。

 

収益目的でブログやってる人はもちろん

 

オピニオン記事だったり

 

自分の趣味に特化したブログだったり

 

もうなんだか色んなブログです。

 

もたろう
もたろう
こんなマイナーなことも書いてるの?

 

ってくらいのブログもありました。

 

3000文字チャレンジを通じて知り合った人とは

今でもTwitter上で話したりしますし

リアルで会ったことある人もいます。

 

結局は人との繋がりなんだなぁ。

としみじみ感じている今日このごろです。

記事を人に読まれる喜びを知った

今までブログをやってて

「面白かったですー!」

なんてコメントをもらったこと無いですし。

 

たまーーーにくるコメントは

「これ間違ってますよ」

みたいな上から目線のコメント。

 

いや、確かにブログ記事を添削してくれるのはありがたいんだけど

そーゆーのじゃなくてさ

「面白かったですぅ♪」

みたいな可愛い女の子からコメントが来てもいいじゃないですか?

 

まぁ100歩譲って女の子じゃあなくてもね。

そういうポジティブになりそうなコメントが欲しいわけですよ。

 

くる日も来る日も黙々と記事を更新して

 

もたろう
もたろう
別に誰に読まれるわけでもないし!

 

と、プライド高い独自路線のブログ作ってます!

みたいな感じでしたけど

 

やっぱり誰かに読まれたいって思う時があるんですよね。

 

で、そんな時に3000文字チャレンジに参加してみて

Twitter上でコメントが

 

来るわ

 

 

来るわ

 

 

来るわ!!!

 

 

来るわ!!!!!!!!!

 

ビックリしました。

 

共通の企画に参加してる人は

仲間意識が生まれるのでしょうか?

 

そして、気づいたら自分もコメントしまくってるという善の連鎖です。

 

ブログ友達いない人に、3000文字チャレンジは良いかもしれませんね

そんなわけで私もたろうは3000文字チャレンジ中断します

そんなわけで!?

ってどんなわけで!?

 

と思うかもしれませんが

3000文字チャレンジは一時中止します。

理由は3つ

  • マンネリ化したから
  • 文章の質を上げたいから
  • 3000文字チャレンジを考える時間が無くなったから
  • どんなお題でも3000文字以上書けるようになったから
  • アフィリエイト始めたくて3000文字の時間取れないから

です。

 

1番大きいのはアフィリエイトを始めたからかもしれませんが

よくよく考えてみたら、根本にあるのは

「文章の質を上げたいから」

でした。

 

また気が向いたら3000文字チャレンジに参加するかもしれません。

 

ただ、これだけ言いたいのは

今まで1度も参加したことない人には結構オススメです。

 

学生時代の国語の成績が1とか2の私で

漢字検定6級の試験問題すら解けない国語力の私でさえ

こんなに文章書けるようになったんですから

 

これを見て興味あるアナタが参加したら

ズバ抜けて文章が書けるようになると思いますよ。

(って文字数ここで2400文字くらいですけど笑)

最後に

今まで3000文字チャレンジを通じて知り合った方々

私の記事を読んでくださった方々にお礼を申し上げたいと思います。

 

カタチは変われど、このブログ自体は今まで通りゆる~く更新していこうと思いますし

文章を書くということを止める予定は全くございません。

 

好き勝手に自由に文章を書き

 

時には相手に読まれるのを意識した文章

時には自分勝手に書きなぐった文章

時には読んだ相手に行動を起こしてもらうような文章

 

など、いろんな文章を書いてみたいという欲求が出てきました。

これも3000文字チャレンジに参加したから芽生えた夢なのかもしれません。

 

「文章のすばらしさ」というものを3000文字チャレンジは教えてくれたのかもしれませんね。

 

なんて大それたこと言うつもりではないですが。

別に私がいなくなるわけではないので、ここらへんで3000文字チャレンジについては一旦

筆を置かさせて頂きたいと思います。

 

では引き続きどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

ちなみに、私が初めて3000文字チャレンジに参加した作品はコチラです。

みかんといえばセックスマシンガンズの「みかんのうた」寿司屋の息子の話【3000文字お題「みかん」】

もしヒマだったら読んでみてください。

(ここでちょうど3000文字突破!)