会社で有給取得する時なんて言う?私の実体験

サラリーマン生活をしていて、ちょっと有給使いたい時ってありませんか?

出勤の時にどうしても外せない用事とか

有給が余ってるからとか

色んな事情があると思います。

ってかちゃんと有給取れてますか?

日本人は働きすぎと言われていますが、有給をとらないと消滅しちゃいます。

ということで、今までの私の有給取得について書いていきたいと思います。

前の会社の例

前の会社の場合、どこで何をするのか逐一報告しなければ有給取れませんでした。

いつどこで誰が誰と何をしたゲームみたいな感じです。

上司:「え?有給取りたいの?」

俺:「はい。」

上司:「じゃあ、どこで何をするのか報告して、でないと有給取らせてあげないから」

こんなかんじでした。

新卒で入った会社だったので、そういうもんなんだな~って思ってました。

でも、言いたくないこともあるじゃん!

だけど、有給を取る理由を言わないと有休取れない。

なので、どうしても言いたくない時は言い訳をめっちゃ考えました。

おかげで、言い訳が上手くなった気がしますよ!(笑)

今の会社の例

繁忙期は難しいかもしれませんが、だいたいは有給が取れます。

しかも、有給を取る理由を言わなくても問題ありません!

上司:「え、有給取りたいの?」

俺:「はい。ちょっと子供の病院に行かなきゃいけないのと、家事手伝いをしないといけないのと、親戚の・・・」

上司:「いや、理由は別に言わなくてもいいよ(笑)今のところ忙しくないから有給取れるよ」

ええ!?理由言わなくていいんすか!?

って思いました。

こんな会社が本当に実在していたなんて・・・。

有給は持ってても気づいた時には消滅しちゃうので、ある程度消化しないといけないですね!

有給消化率

ちょっと気になったので、有給消化率を調べてみました。

なんと、2017年は50%だそうです!

結構取れているんですね!

って思ったんですけどね。

世界で見ると、ワースト1位です。

しかも2016年も有給消化率は50%でワースト1位です。

世界と比べてみても、日本は有給消化率が低いんですね。

働きすぎだよ日本人。

有給って何のためにあるのやら・・・。

つまり働きすぎ

働きすぎは良くないですよね。

疲れちゃって

仕事=人生

みたくなっちゃいますよ。

働くことが大好きで、

仕事=趣味

みたいな人ならいいかもしれませんが、全員がそういうわけじゃありません。

大半の人は、生活する為に仕方なく働いていると思います。

休んだら給料が出ない。

職場の人間関係が悪くなる。

なんて色んな事を気にするかもしれません。

そんな有給が取りづらい会社は、働きづらいですよね。

じゃあどうしよう

有給が取りやすい会社、取りにくい会社

それぞれ色んな会社があると思います。

でも、有給を取ること自体を否定することは通常は出来ないはずです。

会社のためを思って、

「この時期は有給を取らないけど、時期が過ぎたら有給取ろう」

そういった会社が理想なのではないでしょうか。

怖がらずに有給を取りましょう!

日本の悪い風潮で、

長時間働く=仕事熱心

みたいな感じが未だにあります。

でも実際は、

「決まった時間でどれだけの仕事量をこなしたか」

ではないでしょうか?

例えば、残業に関しても同じです。

残業をしない場合、会社としても残業代を払わなくて済みます。

もちろん仕事が溜まっている場合、残業をしないと追いつかない時もあります。

でも、働きすぎは良くないです。

また、有休消化率が高ければ会社の良いイメージにもつながります。

そうなると、会社の印象良くなり、良い人材が求人でき会社の業績が上がる

結果として給料が上がるかもしれません。

もしくは社内の設備が整ったり、新しい仕事を任されて昇進する可能性もあります。

つまりいいことだらけです!

みんなで有給を取れば怖くない!

まさしく働き方改革や!

どうしても有給が取れない時

どうしても有給が取れない時は、転職を考えたほうがいいかもしれません。

今の仕事が大好きで、これからもずっと働きたい。

そう思っているのなら、転職はオススメできません。

ですが、

「なんとなく働いている」

「生活する為に働いている」

「別に今の職場じゃなくてもいい」

という思いがあるのであれば、より有給が取れて自分の時間を大切に出来る会社に転職をした方が、人生充実するかもしれません。

→【転職ならマイナビエージェント】

マイナビという名前は結構有名ですし、業界では大手です。

こちらではエージェントが、あなたに合った会社を紹介してくれます。

実際に私も利用したことがあり、相談事なども親身になって応えてくれます。

→【第二新卒エージェントneo】

こちらもエージェントが親身になって相談に乗ってくれます。

また、幅広い将来的なキャリアアップもでき、求人数が多いです。

有給消化率だけで会社を決めるわけではありません。

ですが、この記事をきっかけに一度、自分自身を見つめ直してはいかがでしょうか?

このサイトをメールで購読登録する。

もし記事を気に入っていただけたら、こちらに登録すると、メールで新しい記事のお知らせが届きます!

就活、転職を考えている時のオススメ記事一覧
スポンサーリンク







この記事を気に入ってくれたら、他の人にシェアしてくれると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加