テレビ番組の抽選って本当に当たってるの?

不満、疑問に思った事

テレビで良く目にするこんなやつ。

出典:http://www.ntv.co.jp/best-artist/data/

これに応募したことある人、結構いるんじゃないでしょうか?

 

ハガキでも応募するパターンのやつもありますよね!

 

でも、私は一回も当選したことがありません!

 

一回もです!

 

本当に一回も!(しつこい)

 

もうこれ

 

「本当に賞品貰っている人いるのかよ」

 

って疑うレベルです。

 

実際にわたしの周りで当たっている人を見たことが無いので(笑)

 

ということで、どういう風に抽選をしているのか調べてみました。

 

抽選方法は?

抽選方法について、朝の情報番組「ZIP」のサイトで公開していました!

→http://www.ntv.co.jp/zip/onair/hatenavi/404401.html(クリックでリンクへ飛びます。)

内容を抜粋すると

■抽選を請け負っている代行会社があり、食品会社や旅行会社など様々な賞品を扱っている。

一連の流れは

  1. 営業担当の方が抽選の準備をする。
  2. 続いて応募者の中から「立会人」として公正を期すために選ばれた方が来場する。
  3. 応募総数「6万通」の中から抽選開始、事前準備でアイマスクを着用する。
  4. 30分かけ、1人100枚を引き合計300人の当選者を決定する。

立会人の話によると、ハガキの見た目は効果無し。

なるほどなるほど、アイマスクをして抽選してるんですね。

ってか抽選する人少なっ!

合計3人でやってるんですね!

しかも公平に抽選するために「立会人」も用意するんですね~。

 

続いてはコチラ

 

■今度はインターネットによる応募。

懸賞の賞品は「楽天」が募集した「ハッピーターン一生分!」または「うまい棒一生分!」

場所:ガランとした普通の会議室

抽選作業:2人(懸賞企画担当の社員と、不正がないように監視する監査役の社員。)

作業はカメラで記録する。

パソコンに応募者データが表示され、応募者それぞれにバラバラの番号を自動的に割り当て、その番号を小さい順に並び替え。一番小さい数字の人が当選。

作業時間:おおよそ1分

作業時間おおよそ1分って(笑)

なんだよそれ!

思ってたのと全然違うよ!

公正じゃないかよ!(笑)

 

てっきり、大人の権力が働いて

「ぐっふっふ、この人を当選させて弊社の株を挙げようぐっふっふ」

とかやっているんだと思ってたよ!

 

ちゃんと抽選作業しているんダナ~。

当たりやすくするには?

じゃあ当たりやすくするにはどうしたらいいの?

ということで調べてみると、口コミサイトにこんな投稿がありました。

特にコツはありません。

必要事項を読みやすく書き込み、何の細工もせずに送ることが一番です。

・・・・うん。

 

結局運やん!

 

でも、こんな言葉がありましたよね。

 

「シンプル、イズ、ベスト」

 

って。

 

これからも応募したら、いつかは当たるかもしれないってことだね。

諦めるなってことだね。

 

もうちょっとがんばってみるよ。

思ったこと

シンプルに飾らず、淡々と応募すればいつかは当たるっていうのは分かった。

 

でも、もしかしたら必要事項とかちゃんと読んでなかったかも。

 

もしかしたら

 

「年齢」

 

を書き忘れて、抽選の資格が無かったのかもしれないし

 

「性別」

 

を書き忘れてというパターンもあるかもしれないし。

 

ちゃんと

 

「必要事項は何を記載したらいいのか」

 

を注意して応募しないと、当たるもんも当たらないんだなって思いました。

 

おしまい

コメント