スキマ時間を使えばブログ記事なんていくらでも書ける。ってか書けたよって話。

もたろうです。

「仕事が忙しくてブログ書けない」

「帰ってからブログとかやる気起きない」

「時間ないから書けない」

って以前まで思ってたんですよね。

一応まだサラリーマンもしてますし、その上でブログも更新するなんで。

しかも毎日。。。

「やっぱりこれって超人的な人しか出来ない事なのかな」

って思ってたんですけど。

でも、その考え方を少し変えて

「時間ないなら、作ればええやん」

って思ったんですよね。

忙しい事を言い訳にしたくなかったというか。

そして、実際にやってみた結果、時間をうまく使えばブログ記事は書けました。

なので、その時にやった

「スキマ時間の使い方」

を記事にしたいと思います。

※ちなみにキーワード選定とかライバルチェックなどはしてません。

前までやってたんですけど、そうすると時間かかるし自分が書きたいものが書けなかったので。

やっぱりブログは楽しくなきゃがモットーかなって。

収入あればなおのこといいんですけど、アフィリエイトを目的としてじゃなくブログを楽しんでいきたいなって。

それを踏まえて読んでくれたら嬉しいです。

昼休み

昼休みはご飯食べて寝るだけー

って時間の使い方してたんですよね。

やっぱりお昼ごはん食べた後だと、眠くなっちゃうんですよ。

これはしょうがない!

だって人間だもの!

だけど、その昼休みの時間を10分でもブログ記事更新すると、あとあと楽なんですよね!

「パソコンがないと書けない!」

なんてこともないし。

持っているスマホだって、ガラケーだって

言っちゃえばメモ帳だってやろうと思えば出来ました。

私の場合、昼休みが1時間なので

  • 最初の30分はご飯食べる
  • 15分くらいブログ書く
  • 15分寝る

って分けてます。

でも、気が乗らない時や眠くてどうしようもない時は寝る時間を増やしてますけどね(笑)

休憩中

休憩中でも、ブログは書けました。

断片的に単語だけメモっておくのが効果的です。

そこから新たなネタが生まれることもあるし!

最近だと、雨が2日間降ってたので

「雨やだな」

と思い、とりあえずスマホのメモ帳に「雨」と書いておきました。

数十分後に

「雨の日の過ごし方とか書いたら面白いんじゃね?」

って思い、雨の日ブログを書きました。

その時の記事は、また次に雨が降ったら投稿します!

(最近晴れが続いてるので)

朝礼前

これは職場によって変わると思いますが、私の職場は朝礼前に30分くらい時間があります。

この時間を有効に使うしかありません!

私:「ケッケッケ、仕事中だけどブログ更新しちゃうぜ!」

上司:「もたろうくん、ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

私:「は、はいっ!!」

てなこともありました。

(怒られたわけではなく、ただ仕事の質問されただけです。)

トイレ内

時にはトイレに行きたくなることもあります。

そんな時は、スマホを持って個室に引きこもってブログを書きました。

メモ帳を持って書いても大丈夫です!

ただ、便器に落とさないように気をつけてください。

スマホとかじゃなく、便器に落とすと後々本当に大変になりますよ。。。

仕事中

仕事中でもブログは書けます。

もちろん、自分の振られている仕事が終わっていることが前提条件です。

仕事が終わってないのにブログ更新してたら、上司から

「もたろうくん、何やってるの?会社なめてるの?」

って怒られますよ。

人は怒ると怖いです。

怒られるのは嫌です。

仕事が残ってるなら、怒られないように片付けてから書くようにしたいと思います。

出勤中

出勤中は時間を有効に使えますね!

音楽を聴いたり、本を読んだりと出勤時は別のことをしているかもしれませんが、これをブログに変えるといいですよ!

私はバス通勤なので、バス乗りながらスマホでブログ更新してますよ!

帰宅中

これも出勤時と同じですね!

時間を有効に使えます!

ただ乗り物酔いが酷い人はやりすぎると

「オロロロロロロ、、、オロロロロ」

ってなるので、やりすぎ注意です。

まとめ

時間がないと思っているかもしれませんが、探してみると意外に無駄な時間があります。

そこをどのように有効活用するかによってブログを更新する頻度が上がるはずです。

もし、

「うわああぁぁああぁあん!時間がなくてブログ更新できないぉ!」

って悩んでいたら、一度参考にされてはいかがでしょうか?

おしまい。

このサイトをメールで購読登録する。

もし記事を気に入っていただけたら、こちらに登録すると、メールで新しい記事のお知らせが届きます!

就活、転職を考えている時のオススメ記事一覧
スポンサーリンク







この記事を気に入ってくれたら、他の人にシェアしてくれると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加