プロフィール

私の父親が亡くなった。その時【親孝行】という言葉を思い出し後悔した。

ちょっと重い話です。(あと私の備忘録的な)

 

私の父親が亡くなったのが2015年の出来事でした。

(今この記事を書いているのは2018年です。)

 

もう亡くなって3年が経ちますが、

【やっぱり親孝行って言えることは何一つとして出来なかったな~。】

って思います。

ちなみにウチの場合、私と父親は仲良くないです。

(ってか勝手に私が思ってるだけかも)

そんな一つの家庭の親孝行に対して、一人の子供目線のお話です。

 

親孝行って何したらいいの

親孝行ってぶっちゃけ何をしたらいいのか分からないし、仮に何か親孝行的なことをしようとしてもウチの場合

「いいから!何もやんなくていいから!」

って本気で言ってきます。

 

前に父親にプレゼントを渡そうとしたんですが

「いらないから」

って断られて、その用意したプレゼントを捨てたこともあります。

(確かプレゼントしようとしたのは本だったはず)

 

今でも

「いや、子供のプレゼントって普通受け取んない?いらないってなくね?」

って思うし、ぶっちゃけ父親のことは未だに好きじゃないです。

むしろ嫌い。

 

世の中は

「親がいるうちに親孝行しておけよ」

「いなくなってからじゃ親孝行できないよ」

「後悔しても遅いからな」

って言ってるし、私の周りでも

「親孝行したほうがいいよー」

っていう親孝行信者が多かったです。

 

ですが、私の中ではあくまで親孝行っていう言葉だけで

「別に世の中全員が親孝行すると思ったら大間違い、ってか俺親孝行のやり方知らねぇし」

っていう反社会的というかバリバリ反抗期な人間(?)でした。

今でもぶっちゃけ親孝行って何をしたらいいのか分かってません。

 

父親が亡くなった時

私は大学時代で一人暮らしをしていて、なかなか両親とは会ってなかったです。(しかも私一人っ子)

が年に4~5回くらいは実家に帰ってた気がします。

そして大学を卒業したときに就職が関東地方になった為(地元は宮城県)、顔を合わせるのは年に1~2回程度でした。

 

顔を合わせるたびに

「あれ?俺の父親ってこんな感じだっけ?白髪増えてね?」

っていうくらいでした。

特にそれ以上でもそれ以下でも何も感じませんでしたね。

 

なので生前父親が仮に死んだとしても

「絶対悲しくないでしょ、泣くとかありえないでしょ泣く人の気持ちが分からん」

っていう

「おまえはあれか?人としての感情がないんか?」

ってなくらいの一般的な人とは違う感情を持っていたと思います。

 

以前から父親は糖尿病、高血圧と他にもなんか病気を持っていたと思います。

実際どんな病気を持っていたかは覚えてないんですが、毎回結構な量の薬を飲んでました。

 

ある日急に父親が倒れて入院しました。

そこから集中治療室で治療してたんですけど、2015年に

【うっ血性心筋症】

っていう病気で亡くなりました。

心臓の血管が詰まる症状ですかね。

あの時感じた私の気持ち

亡くなる直前は母が一緒にいたそうですが、私は病院に向かっている最中でした。

なので、私は亡くなる瞬間に父親と顔を合わせていません。

後日聞いた話ですが、母曰く亡くなる直前、父親の目元からポツリと涙が出たそうです。

 

それが悲しかったのか、痛みからなのか、やり残したことがあったのか。

原因は今となっては知る術がないんですがね。

むしろ亡くなる直前って何か考えたり思ったりすることが出来るのか。

 

あの時の涙はなんだったんですかね。

 

んで、父親が亡くなってから数十分くらいで病室について、父親の顔を見た瞬間に

私の目にめっちゃ涙溜まるっていう。

父親の周りに母、母の親戚、父親の兄弟、などなどの色んな方が多分10名~20名くらいいたんだけど、人目とか気にしてる余裕なく目にめっちゃ涙が溜まるっていう。

そんで何故かわからんが唇と歯が震えるのね。そんな症状今まで経験したことないから

「なにこれ?なんでこんなことなってんの?」

って私自身でテンパってるという。

 

今まで本当に悲しくて泣いたことが多分無かったんじゃないかなってくらい。

泣くってこういうことなの?って思ったくらい。

 

母が気を利かせて周りの人を一旦退出させた瞬間に私号泣。

「絶対悲しくないでしょ、泣くとかありえないでしょ泣く人の気持ちが分からん」

とか思ってたくせにいざ自分の父親が亡くなったらこれかい。

 

今までの父親との嫌な思い出とか、一応遊びに行った思い出とか、殴り合いのケンカしたときとか色々思い出しながらただ泣くという現象でした。

多分10分くらい泣いてたかな。

自分が父親になって分かったこと

そして私は今もうすぐ2歳になる子供と、妻と3人暮らしです。

一応父親になってしまいました。

 

今父親になってウチの子に思うことは

「わが子が元気に生きてればいい」

って思います。

 

ほんとそれだけ。

「親孝行してほしいわ~」

「もうちょっとパパを楽にさせてくれ」

とか微塵も思いません。

 

まぁもしかして歳を取ったらそう思う日が来るのかもしれませんが、今のところ本当に思ってません。

親孝行ってなんなんだろうね。

難しいね親孝行って。

結論:生きてるうちはなんかしとけ

私の父親が亡くなった時に後悔しました。

表面上は

「なんだよクソ親父まじ意味わかんねーし」

「顔見たくないんだけど」

って思っているんですけど、いざ本当に亡くなると手のひら返したみたいに悲しくなります。

 

今私の父親が生きてたら色んなこと話したいですね。

私が中学、高校の時本当に父親が大嫌いで何度殺そうと思ったかわからないこと。

父親が嫌いすぎて実家の窓ガラスを金属バットで割ろうと思ってたこと。

父親になってみて自分の子に対して思うこと。

父親が実は不倫してたこと。(これは母にはナイショ)

 

などなど、積もる話はいっぱいあります。

私と父親はあまりコミュニケーションを取ってないし、普段喋らないから話にならないかもしれないけど。

でももう私の父親はいないわけです。

 

だから今になって思うことは

【生きてるうちになんかしとけ】

って。

 

自分の親しい人が亡くなるのってこういうことなんだなぁって今になって感じます。

 

別にこれを読んでくれた人が

「なるほど!親孝行しなきゃいけないんだな!」

とかそう思う必要は全くありません。

 

私自身も親孝行信者でも親孝行推進事業会会長でもなんでもないので、親孝行をしようがしまいがどっちでもいいと思います。

未だに親孝行って何をすればいいのか分からないですし。

仮にまだ生きてたら

「親孝行?はぁ??絶対しないから」

って頑固に思ってるかもしれません。

 

ただ、ここまで2500字くらい文章を書いている中で、不思議と涙が出てくるんですよね。

私の心の中では嫌いだった父親も、実は心の中の奥の奥の奥は違ったのかもしれないですね。

 

「いまさら父親と仲良くなんて出来るわけ無いわ」

「なんだかんだで父親の言動や行動がムカつくから無理」

「死ぬ?いやいや元気そうじゃん」

って思ってる過去の自分へ。

 

本当に亡くなった時めっちゃ泣くよ?

旅行でも飲みに行くでもなんでもいいから

それが本当に親孝行なのかわかんないけど、とりあえず思い出作っとけ。

 

今のうちになんかしとけ。

って話。