大杉漣のゴチ後任は?息子や嫁、代表作など経歴を調べてみた。

大杉漣さんがお亡くなりになったそうです。

最後は「バイプレイヤーズ」という番組の撮影後に体調を悪くされたそうですね。

大杉漣さんのゴチ後任や息子、嫁や代表作など、色々と気になったので調べてみました。

大杉漣のプロフィール

出典:https://www.cinra.net/news/20180221-osugiren

本名:大杉孝(おおすぎたかし

生年月日:1951年9月27日

出身地:徳島県小松島市

身長:178cm

血液型:B型

所属:ザッコ

俳優を目指すきっかけは、1970年代に演劇に通い、1973年に雑誌「新劇」に掲載されていた「太田省吾」さんの記事に感銘を受け、太田さんの劇団員募集広告に応募して、研修生として採用されたそうです。

元々俳優になりたいと思っていたわけではなく、ミュージシャンを目指していたそうですね。

名脇役として有名ですが、初めての舞台デビューは1973年で別役実作品である「門」の「娼婦を買いに来る客A」だそうです。

台詞がなく、静かに舞台を歩んで演じる「沈黙劇」を原点として、舞台俳優としての本格的な活動をされ、稽古に打ち込んだそうです。

映画俳優としてデビューしたのは1980年で「緊縛いけにえ」という作品だそうですね。

下積み時代は、新当方映画やピンク映画に積極的に出演されていたそうです。

大杉漣の家族は?

出典:http://book.asahi.com/

大杉漣さんの家族について調べてみました。

奥さんとは1982年にご結婚されており、お名前は「弘美」さんというらしいですね!

できちゃった婚だそうで、出会いは大杉漣さんが下積み時代に所属していた劇団に、研修生として入ってきた女性だそうです。

今でこそ名脇役として人気ですが、当時は低予算の映画や知名度も低く、パチンコなどの浪費癖もあったそうで、色々と家族に苦労をかけたそうですね。

息子さんは「隼平(しゅんぺい)」さんと言うそうで、写真家として活躍されています。

現在は大杉漣さんと同じ事務所である「ザッコ」に所属されているそうです。

出典:https://dc.watch.impress.co.jp/

親子なので当然似ていますね!

また、娘さんもいるらしく、パティシエをされているそうですね。

名前は「そら」さんというらしいです。

芸能活動はされていないので、写真などは出てきませんでした。

大杉漣の死因について

出典:https://mainichi.jp/

大杉漣さんの死因について調べてみました。

どうやら、急性心不全で亡くなったそうですね。

急性心不全とはどんな症状なんでしょうか?

心臓のポンプとしてのはたらきが急速に低下して、全身の血液の流れが滞る状態(うっ血)です。

 心臓のポンプ機能のうち、肺から血液を吸い上げる力が低下することで肺にうっ血(肺胞はいほうのなかに液体がみ出してたまる)し、酸素交換が悪くなることから呼吸困難になります。また、全身に血液を送り出す力が低下するので、口唇や皮膚が紫色になるチアノーゼが起こります。

出典:https://medical.yahoo.co.jp/

これは、相当辛かったのではないでしょうか。

症状が出たときに、「松重豊」さんが一緒に病院に付き添ったそうですね。

まさかお亡くなりになるとは思っていなかったでしょう。

急性心不全は誰にでもあるらしいので、特に冬場は血圧の上下が激しいので気をつけたほうがいいそうです。

大杉漣の代表作や名場面

大杉漣さんの代表作について調べてみました。

まずは北野武監督の「ソラチネ」での演技で、俳優としての転機を迎えていますね。

そこから、SABU監督の「ポストマン・ブルース」でおおさか映画祭・報知映画賞を受賞されています。

他にも、北野武監督の「HANA-BI」や、大谷健太郎監督の「アベックモンマリ」など数々の代表作がありますね。

また、バラエティ番組にも出演されており、最近だと「ぐるナイ」のゴチ新メンバーとして出演されていましたね。

ゴチ史上初のピタリ賞を2週連続で獲得されたりと、隠れた才能が開花していましたね。

出典:https://geitopi.com/

大杉漣のゴチ後任は?

出典:http://www.hochi.co.jp/

大杉漣さんは、ぐるナイのゴチ新メンバーとして出演していましたが、後任はどうするのでしょうか。

2月22日までの放送は収録されているそうなので、その後はまた未定でしょうね。

もしかしたら、後任を決めないままゴチをやり続け、新メンバーを補充する際に新しく加わるのでしょうか。

緊急でメンバーを追加するのでしょうか。

でも新しくメンバーを追加したところで、出演者としても結構な重みがあると思いますし、出演者としても大杉漣さんのキャラクターがありますし、追加メンバーによっては視聴率が下がるかもしれませんね。

製作者側の判断が問われますね。

私としてはやっぱり大杉漣さんの枠はしばらく空けておいて、後任のメンバーはしっかりと吟味したほうがいいと思いますね。

大杉漣さんは偉大ですよ。

まとめ

大杉漣さんについて色々と調べてみました。

映画界では無くてはならない存在でしたね。

ご冥福をお祈りいたします。

このサイトをメールで購読登録する。

もし記事を気に入っていただけたら、こちらに登録すると、メールで新しい記事のお知らせが届きます!

就活、転職を考えている時のオススメ記事一覧
スポンサーリンク







この記事を気に入ってくれたら、他の人にシェアしてくれると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加