鶏ムネ肉で美味しいハムのつくり方

最近休みの日にちょっとした料理をするようになりました!

ということで、お酒のおつまみにもなるハムのつくり方を紹介したいと思います。

必要なもの

必要なものは、どのご家庭にも普段常備されているものばかりです。

スーパーで

「鶏ムネ肉」

を買うだけで準備は完了するでしょう!

詳細はコチラです。

  • 包丁
  • まな板
  • お湯1000cc
  • 塩大さじ1
  • 砂糖大さじ1
  • 鶏ムネ肉
  • 鍋(ムネ肉が入るくらい)
  • ジップロック(ムネ肉が入るくらい)
  • キッチンタイマー(なくても大丈夫です)

では作り方です。

作り方1:ムネ肉の皮を取る

こちらの写真のように、ムネ肉の皮を取ります。

これは今回のハム作りには必要ないので、捨ててしまって大丈夫です!

(皮を取るときは手がヌメヌメするので、ヌメヌメ感が嫌な人はゴム手袋などするといいかもしれません)

作り方2:ムネ肉に切り込みを入れる

こちらの写真のように、ムネ肉に包丁で切り込みを入れます。

片側だけで大丈夫です!

こうすることで、より味がしみこみやすくなります。

作り方3:砂糖、塩をまぶす

片側に砂糖、塩をまぶします。

砂糖と塩は大さじ1くらいで大丈夫です。

まぶし終わったら、手でモミモミします。

この際に、片側についている「砂糖、塩」をもう片側にも付けるようにモミモミしましょう。

「最初から両側にまぶした方がいいんじゃないの?」

というかもしれませんが、両側にしちゃうと味が濃くなりすぎちゃいます。

片側だけで充分味は浸透するので、あとはモミモミタイムをしましょう!

作り方4:ジップロックに入れる

写真のように、ジップロックに入れます。

事前にしっかりモミモミしないと、砂糖や塩がぽろぽろ落ちちゃうのでモミモミタイムはしっかりやっておきましょう。

作り方5:料理酒を入れ、ジップロックの上からモミモミタイム

ジップロックの中のムネ肉に、料理酒を大さじ1入れます。

そして、ジップロックの上からモミモミタイムをします。

作り方6:お湯を沸かす

ここでお湯を沸かします。

事前に沸かしておいてもいいですが、アツアツのほうがいいのでムネ肉の調理が終わるこの段階くらいでお湯を沸かしても問題ありません。

作り方7:鍋にジップロックのムネ肉を入れ、お湯をかける

鍋にムネ肉が入っているジップロックを入れ、その上からお湯を入れます。

鍋の半分くらいのお湯を入れましょう。

その後

「火は付けずに」

鍋のフタをして待ちます。

30分くらい待ったら、ジップロックをひっくり返して再度30分くらい待ちます。

途中でお湯がぬるくなってきたと思ったら、鍋にお湯を注ぎ足してください。

作り方8:ジップロックから取り出し、ムネ肉を水洗い

終わったら、ジップロックからムネ肉を取り出し、水で洗います。(寒かったらお湯でも大丈夫です)

表面についている砂糖や塩を洗い流す感じにしましょう。

作り方9:あとは切るだけ

あとは、お好みの大きさに切るだけです。

完成写真がこちらです!

鍋に入れる時間が短すぎると、ムネ肉の中がまだ赤い状態の時があるので、ゆっくり蒸すのがポイントです。

サラダに入れてもいいし、そのままでも美味しく食べれますよ!

このサイトをメールで購読登録する。

もし記事を気に入っていただけたら、こちらに登録すると、メールで新しい記事のお知らせが届きます!

就活、転職を考えている時のオススメ記事一覧
スポンサーリンク







この記事を気に入ってくれたら、他の人にシェアしてくれるとすっっっっごく嬉しいです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓feedlyかRSSでのフォローはこちらからできます!アイコンをクリック♪