眠くてどうしても作業がはかどらない時に実際にやった対処法。

もたろうです。

今ものすごく眠いです。

最近夜更かししすぎて、睡眠不足になってます。

一応7時間は寝ないとシャキシャキ行動出来ない人なので。

でも最近は4時間とかなんですよね。

いや、寝てない自慢じゃないですよ?(笑)

本当はブログ更新しないで一刻も早くお布団で寝た方がいいかなーって思ったんですがね。

この眠い気持ちを記事にしておこうと思いました。

ということで少しだけお付き合いくださいよ。

頑張らないで寝る

さて、眠い時は寝た方が良いです。

「ちょww当たり前だからおまえ!」

って思うかもしれませんが、今の世の中これが結構難しいと思うんですよね。

色んな誘惑がありますし、やらなきゃいけないこともあります。

ましてや仕事中だったりしたら、うかつに寝てられません。

上司に

「こらーなにやっとるんだーバカモーン!」

って波平なみに怒られちゃいますよ。

でも、本当に寝れる時は寝た方がいいですね。

だけど、お昼寝ばっかりしすぎちゃうと夜寝れなくなって、悪循環になってしまうかもしれないので、注意が必要ですね。

ほどほどに寝ましょう。

目が覚めるには

眠いけど寝れない。

そんな時ありますよね。

じゃあ、目が覚めるにはどうしたらいいんだろうか?

ということで実際に行動したことをまとめてみました。

顔を水で洗う

これ結構効果的です!

お湯よりも水のほうが効果がありました。

特に目の所を重点的に洗うと、目がシャキってなります。

目がシャキですね!(はいつまんない~)

でも、時間が経つと眠気が襲ってきます。

眠気ってある意味最強なんじゃないだろうか。

辛いものを食べる

中途半端に辛い物ではなく、ハバネロ並に辛い物だと目が覚めます。

汗もだらだら出ます。

だけど、辛みが引いた後は眠気がまた襲ってきます。

これじゃあ根本的な解決にはならないじゃないか!

ほっぺた叩く

「ベシベシベベベシベベベシベシ!」

自分で叩くと手加減してしまうので、力の強い人にしてもらうのが効果的です。

知人にアントニオ猪木がいればいいんだけどなぁ・・・。

「元気ですかぁ~!元気があれば眠気にも勝てる!」

ちなみにアントニオ猪木のビンタは1回30万円らしいですね。

危機感を持つ

どうしてもやらなきゃいけないけど眠い

そんなときは、危機感をもって作業をすると意外にはかどります。

「やばい、これ今日締め切りだ、やらないと生活していけない」

「眠たい、眠たい、眠たいけどやらないといけない」

という危機感を持つと、早く終わらせようとしてやる気が出ます。

ゴールを決める

どれだけ眠くても、やるべきことをやったら寝れます。

ゴールをしっかりと見極め、それに向かって突き進むのが効果的です。

終わりのない作業なんてありません。

終わったらぐっすり寝れます!

それまで頑張りましょう!

と、自分に言い聞かせましょう。

まとめ

なんだかんだ目が覚める方法を実際に行ったんですけどね

「やっぱりぐっすり寝たほうが良いわ~!」

っていう結論でした(笑)

人間にとって睡眠は大切ですよ!

おしまい。

このサイトをメールで購読登録する。

もし記事を気に入っていただけたら、こちらに登録すると、メールで新しい記事のお知らせが届きます!

就活、転職を考えている時のオススメ記事一覧
スポンサーリンク







この記事を気に入ってくれたら、他の人にシェアしてくれると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加