今明秀の家族は?経歴や出身、年収などwiki風にまとめてみた!【情熱大陸】

今明秀さんという方をご存知でしょうか?

救急専門外来としてすごく有名で、2月11日に放送される「情熱大陸」にも出演されるそうです!

ということで、どんな方なのか色々と調べてみました!

プロフィール

出典:http://sensenblog.com/

本名:今明秀(こんあきひで)

生年月日:1958年

出身地:青森県

出身校:自治医科大学卒業

勤務地:八戸市立市民病院

大学を卒業され、青森県の青森県立中央病院で2年間の臨床研修を受けたそうですね。

その研修期間中に、「本町おかみ殺人事件」で刺されて救命救急として運ばれてきた女性を目の前で亡くされた体験をされたそうです。

研修期間中ということもあり、その体験から外科医としての自身をなくされたそうですが、現在は救命の最前線で活躍されています。

八戸市立市民病院救命救急センターの院長も務めながら、現場でも活躍されているそうですね!

主な経歴を調べてみました!

  • 1983年自治医科大学卒業
  • 1983年青森県立中央病院 研修医
  • 1985年倉石村国保診療所 所長
  • 1986年公立野辺地病院 外科
  • 1988年六戸町国保病院 外科
  • 1990年青森県立中央病院救命救急センター 外科
  • 1991年下北医療センター国保大間病院 外科副医長
  • 1993年公立野辺地病院 外科副医長
  • 1998年日本医科大学救急医学教室に入局
    川口市立医療センター 救命救急センター
  • 2004年八戸市立市民病院 救命救急センター所長
  • 2011年八戸市立市民病院 副院長
  • 2017年八戸市立市民病院 院長

色んな場所で救命救急の経験を積んでいますね!

この経験が現在の現場で活かされているらしいです!

2004年から現在の八戸市立市民病院に勤めていますが、当時の救命医は1人だったそうです。

医師不足だったそうですが、今明秀さんの努力の結果、救命医は最高で22名で10年間で救命専門医を40名近く育てたそうですね!

当初7機しかドクターヘリがなかったそうですが、現在は50機以上あるそうです!

特徴的なのは「サンダーバード作戦」というのがあるそうですね!

調べてみると、患者の現場の周辺状況により、車かヘリのどちらかが早いか判断な困難な場合、患者のもとへ一秒でも早く到着する為に「ドクターカー」と「ドクターヘリ」を同時出動させるという内容だそうですね!

この作戦によって助かった患者さんも多いそうですよ!

また、今明秀さんが書いた本も出版されているそうですね!

気になる方はこちらから購入できますよ!

青森ドクターへり 劇的救命日記【電子書籍】[ 今明秀 ]

価格:1,620円
(2018/2/11 14:50時点)
感想(0件)

家族は?

出典:https://atsumorikouwaka.com/kon-er-hatinohe-jounetu-375

今明秀さんのご家族について調べてみました!

救命救急といえば、ドラマでもやっていましたが24時間勤務というイメージが強いです。

なので、現在も独身なのかなと思いましたが、ご結婚されてお子さんも長男、次男、長女と3人いらっしゃるそうですね!

お子さんの年齢などは分かりませんでしたが、良い年頃になっているとウワサされていました!

また、今明秀さんが勤めている八戸市立市民病院でも、職場結婚を進めているらしく、女性の働きやすさを考慮しフレックスタイムを導入したり、女性医師専門の部屋を設置したり、保育所も建設予定だそうですね!

その効果もあり、八戸市立市民病院での離婚率がゼロだそうです!

素晴らしいですね!

年収は?

出典:http://sensenblog.com/

今明秀さんの年収について調べてみました!

一般的な救命医の方の年収は1000万円以上だそうですね!

ですが、今明秀さんの場合は院長ですし、本も出版されているということで少なく見て「3000万円か4000万円以上」は稼いでいるのではないでしょうか?

もっと稼いでいてもおかしくないくらいの活躍をされていますもんね!

まとめ

今明秀さんについて色々と調べてみました!

救命救急の最前線でご活躍されていて、現在も衰えることなく元気に患者を診ているそうですね!

更にそれだけでなく、後輩の指導にも力を入れているそうです!

今明秀さんの影響によって、たくさんの救命医の方が育っていただきたいですね!

このサイトをメールで購読登録する。

もし記事を気に入っていただけたら、こちらに登録すると、メールで新しい記事のお知らせが届きます!

就活、転職を考えている時のオススメ記事一覧
スポンサーリンク







この記事を気に入ってくれたら、他の人にシェアしてくれると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加