キーボードのブラインドタッチ(タッチタイピング)を楽しく身に付ける方法を自分の経験を元に語ってみた。

ガシェット、パソコン、スマホ

ブラインドタッチがしたい!!

 

キーボードのブラインドタッチが出来る人ってカッコいいですよね!

って自分がカッコいいってわけじゃないですよ!(笑)

 

ちなみに、差別用語になるらしいのでブラインドタッチって言わないらしいです。

今は

「タッチタイピング」

って言うらしいですね。

(そもそもブラインドが差別になっているのが良くわからん)

 

ということで、今はもうブラインドタッチが出来てしまう私です。

いや自慢じゃないですよ。

(えっへん)

 

練習すれば誰でも出来ますマジで。

 

でも、練習すれば誰でも出来るんですけど

楽しくブラインドタッチを身に付けたい!

って思いません?

 

どうせやるからには楽しくブラインドタッチをやりたいですよね!

ってなわけで、私が今までやってきた事について語ってみました。

ブラインドタッチを楽しく身に付ける方法1:特打コップ

ずっと昔にやりました。

もう15年くらい前だったかなぁ。

確か私が小学生か中学生かそんくらいの時にやった気がします。

 

結構内容が面白いんですよね!

各モードがあって、演出とか好きでした!

詳しく説明している動画がありました。

昔っぽい感じで画質とかは今と比べると全然かもしれないですけど、当時はかなり楽しめましたね。

なんかこのタイピングソフトでキーボードのホームポジションとか教わった気がするわ~。

 

まぁこの特打コップじゃなくても、自分が気に入ったタイピングソフトであれば楽しく出来ると思うんですよね。

自分が気に入ったタイピングソフトで楽しくやる方が良いですね!

 

もちろん、無料のタイピングソフトも探せばあると思いますよ!

キーボードのホームポジションって?

ブラインドタッチをするには、キーボードのポジションが重要です。

 

キーボードのFに左手の人差し指

キーボードのJに右手の人差し指を置きます。

 

あとは、自然に置く感じにすると

 

キーボードのAに左手の小指

キーボードのSに左手の薬指

キーボードのDに左手の中指

キーボードの+に右手の小指

キーボードのLに右手の薬指

キーボードのKに右手の中指

 

とポジションが取れるはずです。

 

これが、キーボードのポジションとなります。

画像だとこんな感じです。

「キーボード ホームポジション」の画像検索結果

出典:https://monostudio.jp/

あとは色で分かれている所を対応している指で押すだけです。

※結構右手の小指の範囲が広い気がしますね(笑)

 

人差し指だけとか、中指だけでキーボードを打ってないですか?

全部の指を使わないと、ブラインドタッチなんて夢のまた夢です。

ここは我慢してポジション通りに指をおいた方がいいです。

 

実際にこのホームポジションじゃなく、人差し指だけとか中指だけとかでブラインドタッチをしている人を見たことがありません。

 

ホームポジション、本当に大切。

ブラインドタッチを楽しく身に付ける方法2:寿司打

「寿司打」の画像検索結果

これもなかなか面白いんですよね。

 

回転寿司のようにお寿司が回ってくるんですけど、単語を入力すれば食べられるというシンプルなゲームです。

3000円コース、5000円コース、10000円コースの3種類あって、どのくらい特をしたかがわかります。

 

「いや説明が良く分からないよ!オマエニホンゴヘタクソダナ!」

 

って説明がド下手ですけど、とりあえずURLをクリックして1回やってみればわかります!

Flashタイピング 【寿司打 - SushiDA -】

私だけかもしれないんですけど、やってるとお腹が空きます。

大トロとかうまそうだし。。。

うにとか

いくらとか

 

お寿司食べたくなってくるわ(´・ω・`)

ブラインドタッチを楽しく身に付ける方法3:チャットをする

ホームポジションを覚えたからといって、ブラインドタッチが出来るわけじゃありません。

実際にキーボードを打って練習しない事には上達しません!

(ソースは俺)

 

タイピングソフトとか寿司打とかタイピング重視で語りましたが、チャットもキーボード入力の上達には結構良いです。

チャットとは:コンピュータ ネットワーク上で、リアル タイムに複数の人が文字を入力して会話を交わすこと。

かなりのコミュ障で

「もう誰とも話なんてしたくないでゴザる。」

っていう人はチャットはオススメしませんが、ぶっちゃけ面と向かって話しているわけではないので結構気軽に会話が続きます。

(ソースは俺)

 

話が盛り上がると

「やっべ!早く返事しなきゃ!」

って思うので、ブラインドタッチだけじゃなくてタイピング速度も速くなると思います。

(ソースは俺)

 

ここで、当時使っていたチャットサイトを紹介したいと思います。

もなちゃと

もなちゃと

懐かしいわ~!!

( ´∀`)

こんな顔文字のキャラクターが結構好きでした。

 

まぁ、当時からもなちゃとは荒らしって呼ばれる人が多かった気がしますね。

荒らしとは:チャットや電子掲示板で不合理なメッセージの送信や妨害行為を継続的に行っている物

今もそうなのかなー。

当時は学校の友達にオススメされてやってみたんですけど、学校の友達だけじゃなくてもなちゃとで知り合った人とかいました。

 

まぁ実際にリアルで合うとかは無かったんですけどね。

いやー本当に懐かしいわ。

結構もなちゃとはハマりました。

ハンゲーム

スマートフォン版 ハンゲーム
無料で遊べるスマートフォンアプリやブラウザゲームがたくさん!スマートフォン版 ハンゲーム

ひっさしぶりにログインしようとしたんだけど、パスワード忘れちまった!!(笑)

チャット機能もあるんだけど、色んな遊びが出来たんだよなぁ。

 

個人的には

 

ババ抜き

大富豪

7ならべ

五目並べ

 

あたりを遊んだ気がします。

そのゲームの中でチャット機能も付いているので、結構楽しめたんですよね。(現在はログインできないからわからないです(´・ω・`)

チャット機能がついてないパチンコとかパチスロとかもやってましたねぇ。

いやー懐かしい!!

Skype

Skype | 無料通話とチャット用のコミュニケーション ツール
いつでも気軽に連絡し合いましょう! 携帯電話や固定電話、および Skype for Business に発信できる無料のオンライン通話やメッセージ、手頃な料金の国際通話を利用して、効果的なコラボレーションを実現します。

Skypeはアカウントをお互いが知らないとチャット機能が出来ないですが、もなちゃととか半ゲームとかで知り合った人とSkypeのID交換をしてました。

そこでSkypeでがっつりチャットしてましたね。

 

もなちゃととかハンゲームだと、他の人に見られる可能性もあるので。

その点Skypeだと、承認した人しか会話に入れないので安心でした。

結構ディープな話とかもしましたねぇ。

 

それこそ確か高校3年生くらいだった気がするので、恋バナ相談とか将来の話とか色々チャットで会話してましたよ。

 

しかももなちゃととかハンゲームで知り合った人なので、年齢も同級生じゃなく

 

26歳くらいのカリスマニート(男)

32歳くらいの夜のお仕事(男)

14歳のエロゲ大好き野郎(男)

17歳の声がめっちゃかわいい子(女)

 

とか色んな人とチャットしてましたねー。

今でもたまにLINEとかする人もいますからね。

 

いやーネットってすごいですね。

スティッカム

https://www.stickam.jp/

スティッカムは動画配信のサイトです。(YOUTUBEみたいなもんです)

でも、配信者に向けてチャットが送れるんですよね。

 

なので、タイピング速度が速いと配信者との会話のやり取りがスムーズに行えるので、当時は好きな配信者の人と会話がしたくて

「よし!タイピング早くなる!」

っていうモチベーションになってました。

 

懐かしいなぁ。

ブラインドタッチ(タッチタイピング)をするために意識すること

ってまぁ懐かしい話で少し脱線しましたが、ブラインドタッチをするために意識することを独自の経験を元にまとめてみました。

最初はキーボードを見てもいい

ぶっちゃけ、最初はキーボードを見てもしょうがないです。

ってかそもそも見ないと打てないですからね。

 

ただ

「ホームポジションはめっちゃ大切」

だと思います。

 

ホームポジションがしっかりしてれば、何とかなります。

個々の技量にもよりますが、ホームポジションはじっくり時間をかけて身に付けた方が良いと思います。

 

手元を見ながら、ホームポジションを意識してキーボードを入力しましょう。

見て慣れてきたら少しずつ見ないで打ってみる誤字脱字してもいい

ある程度キーボードに慣れてきたら、今度はキーボードを見ないで文字を打ってみましょう。

 

大丈夫大丈夫!

誤字脱字するから!(笑)

 

特にチャットとかやっていると、誤字脱字のオンパレードでしたね(笑)

 

そのまま決定ボタンを押して

「今日の晩御飯は何食べたの?」

 

って送ったつもりが

「京のvanふぉはんは菜に食べ田の?」

 

って送った事もありました。

(晩御飯のBがVでGがFになってたんですよね)

 

相手から

「え?どうした?大丈夫か?」

って心配されましたよ(笑)

 

まぁ恥ずかしいって思うかもしれませんが、それも経験です。

 

最初は練習中のうちに誤字脱字しておいた方が良いと思います!

あとはひたすら練習あるのみ

あとはひたすら練習あるのみなんですよね。

 

もうこればっかりは。

 

近道があれば逆に当時の私に教えて欲しいくらいですわ!

指先が器用かどうかも多少あるかもしれませんが、練習すれば誰でも出来ると思います。

 

間違った練習をしてしまうと遠回りしてしまうかもしれないですけど。。。

なので、キーボードのホームポジションは大切なんですよ。マジで。

 

あとは、自分が

「タイピングしてて楽しいな」

って思えるツールを片っ端から試してみるのが良いと思います。

 

とあるタイピングソフトが楽しかったら、それをひたすらやればいいし

チャットが楽しかったらそれでもいいし

 

ここに書いてないだけで、他にもいろんな方法があると思います。

自分に合ったタイピング方法が、上達する近道と言っていいかもしれませんね。

 

ただ、もう何回も口酸っぱく言ってて

 

「しつこいんだよ!!」

 

って思われることを覚悟で言うんですけど

 

キーボードのホームポジションは大切

 

ですよ。

 

これだけでも覚えて帰ってくださいな(*’ω’*)

ブラインドタッチ(タッチタイピング)が出来るとどんな良い事があるのか

では最後に、ブラインドタッチが出来るとどんな良い事があるのかを自分の経験を元に考えてみました。

ブラインドタッチをするとキーボード入力の時間が早くなるので、データ入力などの作業が早く終わる

ブラインドタッチをすると手元を見なくてもキーボードが打てるので、必然的に文字入力が早くなるんですよね。

なので、データ入力の仕事とか大学の論文作成とかキーボード入力をする作業は効率がめっちゃ良くなります。

 

他の人が10かかる作業が、8とか7とかで終わることも結構ありますね。

なので、余った時間で別なことが出来るわけですよ。

 

効率良し!!!

会社の同僚とかに「キーボード入力はっや!」って言われる

まぁただ言われるだけです。

だからといってモテるわけでもありません。

 

女の子から

「キャーーー♡キーボード入力めっちゃ早いですね♡ステキです・・・♡」

的なことは私の人生の中で1回もありません。

 

ただ

「キーボード入力早いんですね!(へぇ~)」

ってなくらいしか言われません。

他のパソコン設定方法など色々と質問される機会が増える

ブラインドタッチをするとキーボード入力が早くなると言いましたが

何故か他のパソコン設定方法についても質問される機会が増えます。

 

キーボード入力が早い=パソコンめっちゃ詳しい

 

っていうイメージなんでしょうかね。

ちなみに私はパソコン設定については全然詳しくありません!!

なので、質問されても

「んんんえええ?ちょっとわかんないですね~」

 

ってなります。

ちょっと隠れ自慢できる

私が社会人になって同僚とか上司とかあんまりブラインドタッチが出来る人が少なかったせいもあるかもしれませんが

ブラインドタッチが出来ると

 

「すげー」

 

って言われることは結構あります。

 

「そんなことないですよ。」

って言葉を返すんですけど、心の中では

 

「だろ?すごいだろ?えっへん!!!」

って思ってたりもします。

ちょっと照れてたりもします。

 

ちゃんと心の中で思っているだけで口には出さないので問題ないはず。

 

とまぁ、良い事を挙げてみたんですけど

 

あれ?考えてみたらそんなに良い事でもなかったかもしれない(´・ω・`)

 

でも、自分のスキルとして身に付けるのは良いと思います!

 

ブラインドタッチが出来たからってモテモテになるわけではありませんが、少なからず良い事はあります。

あとはひたすら練習あるのみです!!

 

頑張りましょ(‘ω’)ノ

コメント