28歳フリーターで将来が不安になった時。このまま夢を追っていいのか?

28歳でフリーター。

今時珍しくないかもしれません。

なんとなくフリーターをしている場合もあれば、夢をかなえようと行動している。

理由はなんにせよ、フリーターも立派な働き方の一つです。

「でも、その夢っていつまで追うの?」

「あと2年で30歳、30代になっても夢を追った方がいいのかな・・・。」

「そろそろ夢を諦めて、第二の人生を考えた方が良いかもしれない」

そう不安に思う時もあります。

ここでは、そんな時にどうしたらいいかを紹介したいと思います。

正社員になれるのか

28歳のフリーターで正社員になることは結論から言えば可能です。

「28歳でフリーター?もう人生終わりだろ」

と昔は言われてきましたが、現代の働き方のスタイルは変化しています。

終身雇用の崩壊、リーマンショック、少子高齢化と、様々な変化がある中で、働き方もそれぞれです。

ですが、29歳、30歳と幅が狭くなり、なかなか正社員になることは難しくなってきます。

まだ20代であれば若いということもあり、まだ求人があります。

30代、40代となると求人の幅も狭くなり、体力の衰えと共にフリーターでは働くのがキツくなってきます。

その点、正社員であれば少し体調が悪くなっても、ある程度融通が利きます。

今からでも遅くはありません。

正社員になるために少し考えてみるもの一つの方法です。

夢を叶えたいから30代まで就活は待っても大丈夫か

「やっぱり夢を叶えたいから30代まではフリーターで頑張る」

そういう考え方もアリだと思います。

でも、その夢はいつまでに叶えるか、具体的な目標設定はしていますか?

そのままだと39歳になった時に

「40歳まで就活を待っても大丈夫か?」

という風にずるずるいってしまうかもしれません。

気づいた時には年齢によってバイト生活しか出来ずに、バイトで一生を終えるかもしれません。

まだ若いうちなら体が動くのでいいですが、バイトは基本的に肉体労働系が多いですし、賃金もそんなに上がりません。

ましてや管理職や昇進の可能性も限りなく低いです。

そんなに上を目指さなくて良いと思うかもしれないけど、とりあえず今後のために正社員にはなっておいたほうがいいです。

もしやっぱり正社員という働き方がダメなら、その時辞めればいいだけです。

また、正社員をしながら夢を追うという方法もあります。

具体的な夢へのゴールが決まっていないのであれば、一度就職活動をしてみるのもありですね。

いつまでフリーターをやるのか

今はまだ若いから体が動きます。

でも歳をとると、ちょっとしたことでも風邪を引きますし、重い病気にかかるリスクも高まります。

それでも働かなければ、お金はもらえないですし生活していけません。

あなたはそんな人生を送りたいですか?

まるで自転車操業です。

自転車は漕がなければ止まってしまいます。

まだ20代と思うかもしれませんが、もう20代です。

1年なんてあっという間で、気づいたら30、40歳となっています。

一区切りつけてみるもの良いかもしれません。

フリーターを抜け出すきっかけがない

今までずるずるとフリーター生活を送ってきたかもしれません。

あなたは今

「このままフリーターでいいのだろうか」

「正社員とかちゃんとしないと将来大丈夫かな」

「夢って本当に叶うのだろうか」

など、色々と不安や悩みを持っているのではないでしょうか。

ネットで調べる事は良い事ですが、そのまま調べただけでは現状は変わりません。

今あなたに大切なのは、

「一歩踏み出す勇気」

です。

仮に正社員を目指して、

「あれ?なんか違うな」

って思ったらその時にやめればいいんですよ。

正社員になりたくないからフリーターをしている

正社員になりたくないから、フリーター生活をしている。

そういった考え方もあります。

確かに、正社員と聞くと責任が重く感じなかなかハードルが高いかもしれません。

ですが、あなたのの周りで正社員の友達はいますか?

自分自身と比べるとちょっと落ち込んだりしませんか?

「いつまでもフリーターなんてやってられないかも」

って少しでも思いませんか?

フリーターが悪いというわけではないですが、正社員も良い部分が多いですよ。

正社員になって良いことは?

では、正社員の良いところとは一体何でしょうか?

福利厚生

正社員の場合、なんだかんだで会社に守られている部分が多いです。

家賃手当や資格手当を始め、ボーナスなども出る会社があります。

フリーターの場合は、通勤手当は出るかもしれませんが他の手当は出る可能性は低いです。

この点からも、正社員とフリーターの差が出てきます。

フリーターより安定

仕事をしていると、時に体調を崩すこともありますよね。

そんなとき、フリーターでも正社員でも仕事を休む場合があります。

正社員の場合は、会社を休んでも給料に支障が出ません。

ですが、フリーターの場合は時給制なので、もらえるお金が減ります。

また、会社の事情や勤怠面が悪かった場合、クビにされる可能性も正社員より高いです。

家庭を持っても安心

結婚とか幸せな家庭を持ちたいとか考えてたら、正社員のほうが会社に守られています。

今はまだ結構など考えていないかもしれませんが、結婚したい人が出来たのに

「あれ?フリーターじゃん。」

ってなことで養えない可能性も出てきます。

玉の輿もアリかもしれませんが、現代だと共働きが主流になってるのに、そんなお金持ちとの出会いを望むのは確率的に低いと思います。

結婚相談所に行くのも手ですが、それ以前に

「フリーターです」

って人に興味持ってくれる人なんているでしょうか?

若いうちなら自由で良い働き方かもしれませんが、歳をとっていくにつれてデメリットが増えていきます。

世間体

もし、30歳、40歳で同窓会とか友達と会ったりとかした時に

「フリーターですニッコリ」

って言えるプライドがありますか?

若い頃は夢を追っているってカッコいいけど、諦めて別の夢を持つことも良いと思います。

今はまだそれが可能です。

歳を重ねるうちに難しくなっていきますよ。

最悪ホームレス?

お金がなくなると家を追い出されるかもしれません。

住所がないと就業に着くのはかなり難しいです。

だって履歴書に住所書く欄がありますよね。

住所不定無職ってテレビの事件とかでよく目にするんですけど、ようはプータローだと私は思います。

フリーターが体壊したら万年寝たろうになります。

寝ながら稼げる仕組みがあるなら話は別ですが、そんな上手い話はありません。

どうせ働かなきゃいけないなら、安心安定を望んでもいいのではないでしょうか。

年金だけで将来暮らせるのか

フリーターと正社員とで、将来貰える年金に差が出ます。

その額は、同じ月20万円の給料で比較すると、将来の年金額は約10万円ほど差が出る場合もあります。

年金納税額で変わりますが、月10万円の差はけっこうありますよね。

ましてや、定年後で若い頃より体力も落ちて、働きにくい状況の中での収入の差は大きいですよ。

口に出さないだけで、両親や家族が不安そう

家族も世間体を気にしているかもしれません。

ご近所さんと会った時に

「うちの子40歳にもなってフリーターなんですよ!」

ってなかなか言いずらい気もします。

また、親戚同士の集まりで、仕事の話題になった時

「今何の仕事してるの?」

って聞かれた時に

「え?フリーターだけど」

って40歳の時に言えるのかが問題です。

「別に他の人に何を思われようとどうでもいい!」

という強靱な精神力を持っているのであれば問題ないでしょうが、全員がそういうわけではありません。

結局人と人とのつながりですから、家族や親戚、ご近所さんとの付き合いは大切にしたほうがいいですよね。

将来が不安になる時があるけどどうしたらいいのか。

ここまで読んで、

「果たして今のままでいいのだろうか」

「将来が不安」

「もしかしたら、今の自分はちょっとマズいのかもしれない」

そう思ったあなた。

大丈夫、まだ間に合います。

今からでも就職活動をすればいいだけです。

でも、1人でやろうとすると決心が鈍ったり、諦めたりする可能性が高いです。

一番良い方法は、しっかりとしたエージェントに相談する事です。

→フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

こちらは、フリーターや既卒の方を対象とした就活サイトです

もちろん、相談にも乗ってくれますし求人数も多いので、自分に合った会社が見つかります。

また、無理に就職をしなくても良く、仕事や将来の悩み相談も受け付けています。

悩んでいるだけでは変わりません。

まずは、一つの選択肢として就活も考えてみるのも良いのではないでしょうか?

このサイトをメールで購読登録する。

もし記事を気に入っていただけたら、こちらに登録すると、メールで新しい記事のお知らせが届きます!

就活、転職を考えている時のオススメ記事一覧
スポンサーリンク







この記事を気に入ってくれたら、他の人にシェアしてくれると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加